医学的根拠がある脱毛症診療ガイドラインとは?

Fotolia_47796320_Subscription_Monthly_XXL_R脱毛症診療ガイドラインとは「男性型脱毛症(AGA)診療ガイドライン」と「円形脱毛症診療ガイドライン」の2つがあります。

これらは10人の専門員によって構成されている日本皮膚学会がまとめたものです。

巷にあふれる科学的根拠の乏しい商品やサービスを使ったことによる被害を改善するために制定されたものです。

ただし、これに載っていない商品やサービスが効果がないというわけではないです。

そもそも薄毛になるメカニズムがすべて解明されているわけではないので、科学的根拠が乏しいからといって髪の毛が生えないわけではありません。

あくまで一つの目安としてとらえるのがいいでしょう。

脱毛症ごとにどんな対応をするべきなのか分かれているので、それぞれあった方を確認してください。

男性型脱毛症(AGA)診療ガイドラインについて

  • 推奨度A(行うように強く勧められる)

プロペシア(フィナステリド)
ミノキシジル(男性は5%、女性は1%配合のもの)

  • 推奨度B(行うように勧められる)

自毛植毛術

  • 推奨度C1(行うことを考慮してもよいが十分な根拠がない)

プロペシアやミノキシジル以外の育毛剤

 

この推奨度を参考にするのであれば、とりあえずはプロペシアやミノキシジルを使うのが良いとされています。

それを1年間以上使用しても十分な効果が出ないようであれば、推奨度B以下のものを行うという感じですね。

ただし、ほとんどの医薬部外品の育毛剤は皮膚学会で発表していた成分以外のものを使っているためリストには挙げられていません。

円形脱毛症診療ガイドラインについて

  • 推奨度A(行うように強く勧められる)

なし

  • 推奨度B(行うように進められる)

ステロイド局所注射
局所免疫療法

  • 推奨度C1(行うことを考慮してもよいが十分な根拠がない)

ステロイド内服、セファランチン内服、抗アレルギー薬内服、グリチルリチン内服、ステロイド外剤、塩化カルプロニウム外用、ミノキシジル外用、PUVA療法、冷却療法、スーパーライザー療法、かつら

  • 推奨度C2(行わない方がよい)

シクロスポリンA内服、漢方薬内服、精神安定剤内服、アンスラリン外用、星状神経節ブロック、催眠療法

  • 推奨度D(行うべきではない)

針灸治療、分子標的治療薬

 

円形脱毛症は軽いものであれば、放置していても再び毛が生えてきます。

そのため推奨度Aのものがないのではと思われます。

円形脱毛症が進行しているのであれば、病院に行って治療をするのがいいですね。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ