はげ治療の方法について(病院・植毛・育毛剤でケア)

病院やクリニックに行く

爆笑問題のCMからハゲ・薄毛治療には病院に行くということが世間に広く伝わりました。

これがきっかけで病院に行くことを考える人が増えましたが、どこに行けばいいのかというのが分からない人もいるみたいです。

 

ハゲ治療の場合は「皮膚科」か「薄毛治療専門の病院」のどちらかに行きましょう。

薄毛治療専門の病院は、東京・大阪・名古屋などの都市部に集中しているので地方の人は皮膚科に通うことになるでしょう。

普通の皮膚科に行った場合は、おそらく簡単な問診の後にプロペシアを処方されて終わりです。

専門病院の場合は、プロペシアを処方するだけでなく、細かい検査を受けた後に病院独自の治療を行ってくれる場合もあります。

 

ちなみに、ハゲ・薄毛治療には保険がきかないので、すべて実費となります。

料金は病院ごとに多少異なりますが、

皮膚科の場合、1万円前後(プロペシア代込)
独自の施術の場合は、1回あたり3万円以上かかります。

大体1か月に1回程度通う必要があるので、毎月これくらいかかると思った方がいいでしょう。

高額費用になりがちなので、病院を使って治療する人は費用に悩まされることが多いようです。

植毛について

植毛には人工毛植毛と自毛植毛の2つの方法があります。

人工毛植毛は、人工的な髪の毛を植え付けるので拒否反応が起こりやすくあまりお勧めできません。

行うとすれば、自毛植毛を行うようにしましょう。

自分の毛であれば拒否反応も起こらず、確実に増やすたい部分に髪の毛を増やすことができます。

 

しかし、植毛の場合、薄毛の根本的な治療はできないので、薄毛の改善と並行して行う必要があります。

植毛をした髪の毛は、基本的には生えたままなのですが、その周りの髪の毛が抜けていくということはあります。

そうなると変な部分に髪の毛が生えている人になってしまうので、注意してください。

育毛剤を使って自宅で治す

育毛剤を使って自分で薄毛を改善するというのは、今一番主流です。

薄毛に悩んでいる人は意外と多くてこっそりと改善したいという人が多いですからね。

それで、昔と比べると育毛剤の質もだいぶ良くなり育毛剤を使って正しいケアを行えば、髪の毛を生やすこともできるようになりました。

 

しかし、一番効果があるのは医薬品の育毛剤です。

医薬品となると基本的には病院から処方してもらうものですが、個人輸入を使って安く手に入れることもできます。

本来は処方箋が必要なものを、自分で手に入れることになるので、自己責任で使うことになります。

 

また、医薬品には副作用が付いているので、そのリスクも考慮したうえで使うようにしましょう。
※病院に通っていても副作用が出るときには出るので、医薬品を使うか使わないかの判断基準に使ってください。

それで薄毛に悩んでいるのであれば、とりあえずプロペシアを使うのがいいでしょう。

>>プロペシアの効果や副作用について

手ごろな価格で病院と同じハゲ治療ができるので、個人輸入で購入することは考えてみてください。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ