育毛剤・発毛剤って医療部外品?入っている成分とは?

Fotolia_47796320_Subscription_Monthly_XXL_R市販されている育毛剤のほとんどは積極的な治療よりも予防をすることに重点を置いている医薬部外品となっています。

病気の治療や予防に使う医薬品のものは数種類程度しかありません。

それで医薬品には医師による処方箋が必要な「医療用医薬品」とドラックストアなどで買える「一般医薬品」があります。

医療用医薬品には男性型脱毛症に効くプロペシアがありますね。

プロペシアを3年間飲み続ければ、約80%の確率で髪の毛が増加するという実験結果が出ています。

薄毛が気になっている人にはかなり有効なものですね。

>>プロペシアの詳しい情報はこちら

日本は医薬品の認可に慎重なため、海外では医薬品に認められているようなものでも日本では認められていないものも多いですね。

育毛剤・発毛剤には育毛効果のある成分が入っているのか?

育毛剤・発毛剤と名称は分かれていますが、厳密な定義をすると

育毛剤は、現在生えている髪の毛をいかに育てていくかというもので
発毛剤は、髪の毛がない状態からいかに生えさせるかというものとなっています。

しかし、区分分けとしてはあいまいになっているので、混同して使っている場合もあります。

そんな育毛剤を使うことで薄毛対策になるのかというと、薄毛対策になります。

 

医学的に育毛効果のあると立証されている成分が入っていることが多いですからね。

例えば、以下のものがあります。

ミノキシジル、セファランチン、ヒノキチオール、センブリエキス(スウェルチノーゲン・スウェルチオール)、モノニトログアヤコールナトリウム、ペンタデカン酸グリセリド、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、ジアルキルモノアミン誘導体

これでもまだ一例で、挙げる場合にはきりがありません。

 

それで多くの育毛剤には、アルコール類が含まれていてセンブリエキスが配合されています。

この場合は血行を促進する作用があるので、育毛効果があると言われています。

しかし、血行を促進することがあなたに最適な薄毛対策であるとは限りません。

元々血行が良ければ促進したとしても、そこまで意味はありませんからね。

 

また、期待が大きすぎる場合も実感としては効果がないと判断される場合があります。

髪の毛が少しでも生えてくれば効果を実感する人もいれば、昔みたいな髪の毛フサフサにならないと効果がないと判断する人もいますからね。

それに髪の毛が生えてくるのには時間がかかるので、育毛には最低でも半年は様子見をする必要があります。

なので、早い段階で効果の有無を見るのではなく長期的にやっていくのがいいでしょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ