育毛剤・発毛剤の違いとは?医薬品・医薬部外品の違いは?

Fotolia_54328488_Subscription_Monthly_XXL_R育毛剤は今生えている髪の毛をどうやって育てていくかという目的
発毛剤はどうやって髪の毛自体を生やすかという目的

でそれぞれ作られています。

 

多くの男性の薄毛の原因である男性型脱毛症(AGA)は、一見髪の毛が生えていないようにも思えますが、実は産毛が生えていたり、生えてすぐ抜けるというのを繰り返していることが多いです。

そのため育毛剤を使って、今ある毛をしっかりとした髪の毛にする方がいいとされています。

それに対して円形脱毛症の場合は、うぶ毛も生えていない状態なので発毛ということになります。

 

こういう風に分かれてはいますが、実際に多くの人は薄毛・ハゲがどうなっているのかなんて知らないですし、育毛剤と発毛剤が厳密に分かれているわけではないので、現在では混合して使われているみたいですね。

なので、育毛剤と発毛剤どちらを使った方がいいのかという場合はどっちを選んでも問題ないというわけです。

薬事法での分類わけについて

育毛剤と発毛剤はどちらでも変わりませんが、薬事法における分類わけも存在します。

というのも、育毛剤・発毛剤は医薬品もあれば、医薬部外品であることもあります。

薬事法においてそれぞれがどのような違いがあるのかを説明していきます。

医薬品の定義について

  1. 日本薬局方に収められている物
  2. 人または動物の疾病の診断、治療または予防に使用されることが目的とされている物であって、機械器具ではないもの(医薬部外品)
  3. 人または動物の身体の構造または機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、機械器具でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く)

医薬部外品の定義について

次に掲げることが目的とされており、かつ、人体に対する作用が緩和なものであって機械器具等でないもの及びこれらに準ずるもので厚生労働大臣の指定するものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、前項(医薬品の定義)第2号または第3号に規定する用途に使用されることも合わせて目的とされるものを除く

  1. 吐き気その他の不快感または口臭もしくは体臭の防止
  2. あせも、ただれ等の防止
  3. 脱毛の防止、育毛または除毛

 

育毛剤・発毛剤における医薬品、医薬部外品の違いについて

薬事法によると

医薬品の場合は「壮年性脱毛や円形脱毛症における発毛、育毛及び脱毛の進行予防など」
医薬部外品の場合は「脱毛予防、発毛・育毛の促進など」

となっています。

はっきり言って、これを見ても区別が分からないですよね。

ちなみに、これらの区分は日本だけのようです。

まとめ

こういう風に見ると育毛剤や発毛剤の分類わけというのは、かなりあいまいになっていることが分かりますね。

あいまいになっているからこそ、何かを盲信して使うのではなく、実際に使ってみて判断をするというのが大事ですね。

また、薄毛やハゲの原因を突き止めてそれに合ったものを選ぶというのも大事でしょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ