育毛サロン・発毛サロンの違いや問題点とは?

育毛サロンと発毛サロンの違いについて

育毛サロンや発毛サロンとして、営業している業者は数多くありますが、育毛・発毛の定義についてはあいまいとなっています。

見た感じでは禿げているような部分でも、本当は産毛が生えていたり、生えているけれどもすぐに髪の毛が抜けてしまったりすることがあるためです。

発毛のように見えて、育毛していることも多いので、育毛と発毛を厳密に区別されているわけではありません。

 

育毛サロンや発毛サロンって実際どうなの?

薄毛やハゲに悩んでいる人の中には育毛サロンや発毛サロンに行こうか悩んでいる人もいるでしょう。

テレビなどのCMでバンバン宣伝しているので、行けば髪の毛が増えそうな気もしてきます。

しかし、個人的には育毛サロンや発毛サロンに行くことはお勧めしません。

 

というのも、育毛サロンでは結構えぐい営業をしていることが多く、薄毛に対する恐怖をあおって100万円以上するような高額なコースに入会させようとしてくるからです。

もしも、100万円以上支払ってもいいという場合でしたら止めませんが、他にも薄毛を改善させる方法というのはあります。

例えば、自分で育毛剤を買ってケアをする、病院に行くなどがありますね。

これらの方が圧倒的にお金がかかりませんし、強引なセールスを受けることもありません。

それに薄毛を改善させるためには、長期的な取り組みが必要です。

そうなると高額な料金を長期間にわたって支払い続けることにもなるので、金銭的に非常に厳しいです。

なので、自宅でできることがあるのであればそれは自分でなんとかするという方がいいでしょう。

 

育毛サロンや発毛サロンにおける問題点とは?

先ほど育毛・発毛サロンはお勧めしないと言いましたが、以下のような問題が実際に発生しているためでもあります。

  • ”必ず”毛が生えるというような文言を使って、不適切な勧誘・セールスをしている
  • ヘアケア商品を必要以上に勧めて高額な契約を迫ってくる
  • 長期間の契約をし途中で解約をしようとしても、返金に応じてくれない

営業として商品を売るときに効果があると言っていたのにもかかわらず、実際に受けてみると効果がないということもよくあるみたいですね。

本当に詐欺に近いようなやり方の営業をしている所もあるみたいなので、気を付けた方がいいですね。

 

まとめ

かなり辛口に評価をしましたが、育毛・発毛サロンでは髪の毛が生えてこないのかというと必ずしもそういうことではないと思います。

モニターみたいなのでは、生えている人もいますからね。

 

しかし、育毛発毛サロンは医療機関ではないので、医学的に認められている薬を処方することができません。

そのため健全な頭皮の状態を作ることを試みることが多いのですが、これはサロンに通っていれば健康的な頭皮になるということはありません。

日ごろから食事に気を付けたり、運動をしたりと健康的な生活を送る必要があるのです。

それだったら、自分でそういうのを管理しつつ育毛剤を使った方がいいと私は思っています。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ