デュタステリドの効果や副作用・注意点とは?

Fotolia_54700857_Subscription_Monthly_XXL_Rデュタステリドは元々、男性型脱毛症の薬として発売しているわけではありません。

日本では「前立腺肥大症の治療薬」として認可されている薬「アボルブ」で、医師の処方箋が必要な薬です。

海外ではアボダートとして発売されているものもあります。

 

それでデュタステリドは、還元酵素5α-リダクターゼⅠ型・Ⅱ型に作用して、薄毛や抜け毛の原因となる成分であるジヒドロテストステロン(DHT)が生成されるのを抑制します。

その効果があるので、一部の医療機関ではプロペシアの効果があまり見られない場合に処方することもあるそうです。

ただし、日本では脱毛症治療薬として認可は下りていません。

アメリカ・韓国などの海外では脱毛症治療薬としての認可が下りているので、個人輸入であれば手に入れることができます。

デュタステリドの効果について

薄毛や抜け毛に悩んだ人の話ではなく、排尿障害に悩んでいた60代男性の話なりますが、アボルブ0.5mgを1日1回服用したところ、飲み始めて1週間でスムーズに排尿できるようになったそうです。

その人に対して、抜け毛の数を数えるようにお願いしたところ、以前は毎日200本程度抜けていた毛が、3か月後には70本前後、半年後には50本程度まで減ったそうです。

季節的な要因があり、多少は前後しているみたいですが、その後1年経っても60本前後の抜け毛しかなかったそうです。

 

また、アメリカで行われた研究では、プロペシアは使用量に関わらず、薄毛や抜け毛の原因となる成分ジヒドロテストステロンの抑制率が38%でした。

しかし、アボダートは0.05mgで27%、0.1mgで37%、0.4mgで54%、2.5mgで82%の抑制率を示したそうです。

それで1日に0.5mgのアボダートを1~2週間飲み続けたところ、ジヒドロテストステロンの抑制率は90%を示したと言われています。

デュタステリドの副作用・注意点について

デュタステリドに限らず、薬には副作用が付きものです。

デュタステリドにはどんな副作用があるのかといいますと、勃起不全(ED)性欲減退射精障害などがあります。

性関係の副作用があるようです。

男性ホルモンの変換に作用するものなので、影響があるのでしょう。

 

また、デュタステリドはプロペシアの副作用よりも重いと言われています。

なので、薄毛・抜け毛対策をするのであれば、まずはプロペシアを使用する方がいいでしょう。

それでも満足できない場合にデュタステリドに手を出すという順番にしましょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ