薄毛対策の種類について(発毛法・育毛法・増毛法・かつら・植毛)

Fotolia_47796320_Subscription_Monthly_XXL_R

  • 発毛法
  • 育毛法
  • 増毛法
  • かつら
  • 植毛

 

発毛法

髪の毛から再び髪の毛を生やすことを目的としています。

医療での発毛の場合は、内服薬によるものと塗布または皮下注入によるものの2種類あります。

発毛法は髪の毛がかなり減ってしまった場合に利用するのがいいでしょう。

ただし、現在は発毛と育毛を混合して使われていることが多いので、内容を見て商品を買うなどをするようにしてください。

 

育毛法

髪の毛を増やすというよりも現状維持が目的となっています。

細くなってしまった髪の毛を太く強くすることで見た目的には髪の毛が増えたようになります。

発毛法と同じような方法を使って育毛を行うことができます。

ただ発毛よりも安価であることが多いですね。

 

増毛法

今ある髪の毛に人口毛を結び付けて髪の毛のボリュームをアップさせる方法です、

エクステみたいなものですね。

これは薄毛の進行があまり進んでいない人に向いています。

自分が気になっているところに集中的に髪の毛を増やすことができるので、増毛直後の満足度は非常に高いです。

しかし、長期的に見ると生えている髪の毛に負担がかかりやすいので、薄毛の進行が早まります。

なので、薄毛が進行してほしくない場合には使わない方がいいでしょう。

 

かつら

人毛や人口毛を頭部に付けて薄い部分を覆い隠します。

頭部全体を覆い隠すことができるものから、部分的に隠すことができる部分かつらもあります。

日本のかつらの品質は非常によく、外から見ただけはかつらを付けていることに気が付くのは難しくなっています。

簡単に着脱できますし、即効性があるのでかつらをつける人がいますが、デメリットもあります。

 

メンテナンスに手間とお金がかかる、かつらがばれるのが怖くなるという2点です。

かつらはメンテナンスを行う必要があります。

それに良いかつらとなると高額になるので、買い替えるとなると大きなお金がかかります。

また、かつらをかぶっていることがばれるのが怖くて、強い風の日は心配したり、運動ができなくなったりと、精神的にストレスが溜まりがちになります。

植毛

自毛植毛はアメリカで盛んに行われており、手術によって後頭部の皮膚を切り、薄毛の部分へと毛を移植して補うというものです。

植毛は医療行為となるので、病院でしか受け付けていません。

自分の髪の毛をつかうので、拒絶反応が起こる確率が非常に低く定着率も高いです。

かつらと比べるとメンテナンス費がかからない分、いいかもしれません。

ただし、植毛は外科手術なのでリスクがありますし、医師の腕にも大きく影響されることは知っておいてください。

またデメリットとしては、移植した部分に大きな治療跡が残ることです。

傷跡はヘアスタイルでごまかすことができますが、ふとした時に見えることもあるのでその点は承知しておいてください。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ