M-1育毛ミストが効果ある人ない人とは?特徴・副作用とは?

M-1育毛ミストはどんな人に向いているのか?

M-1育毛ミストの特徴をよく見てみると、「毛乳頭や毛母細胞を活性化するタイプの育毛剤」ということが分かります。

このタイプはAGA(男性型脱毛症)の人にはあまり向いていないですね。

AGAは男性ホルモンが関係しているので、そちらに作用する育毛剤や医薬品(プロペシア)を使用する方がいいでしょう。

ちなみにAGAは遺伝的に薄毛の人や髭などの体毛が濃い人が発症しやすいです。

どんな人に向いているのか?

AGAが発症しやすい体質ではなく、髪の毛にハリやコシがなくなってきて、細くなってきたという場合に向いているでしょう。

また、白髪染めをしている場合アルコールが入っている育毛剤を使うと色落ちすることがあります。

M-1育毛ミストはアルコールが入っていないので、白髪染めをしていても特に問題はないです。

なので、白髪染めをしている人にも向いているでしょう。

>>とりあえずM-1育毛ミストを試してみる

M-1育毛ミストの特徴について

第7回世界毛髪研究会議で最優秀賞を受賞しました。

毛髪研究の世界的な会議で、日本企業として初めて最優秀賞を獲得しました。

通称「髪のワールドカップ」なんて言われています。

この会議に参加しているのは、各国を代表する大学や病院などが多いですね。

そんな中、一企業が参加して最優秀賞を取るのというのは非常に素晴らしい結果だと思います。

マイクロセンサー理論

マイクロセンサー理論が第7回世界毛髪研究会議において評価されたようです。

マイクロセンサー理論によって以下の4つの成果があったそうです。

  • 発毛エネルギーの増加
  • マイクロセンサーの伸長
  • 発毛因子を3倍に増加
  • 毛乳頭、毛母細胞の活性化

これらを理論的に説明しても難しいだけなので、詳細は省きます。

簡単に説明するとM-1を使うと毛根の細胞が活性化するということです。

毛根の細胞が活発に働くことによって、強くて丈夫な髪の毛が生えてきやすくなるということです。

M-1の開発している研究所が独自の研究によって開発した技術で、世界的にも評価されている点ですね。

まとめ

育毛剤を販売しているところで、自社で研究開発を行っていないところは結構あります。

いわゆるOEM生産で名前が違うだけで同じ中身が入っているなんて言うのは、育毛業界だけでなく美容業界においても有名な話です。

OEM生産が悪いというわけではありませんが、自社で研究開発をしているという点は評価されるべきポイントでしょうね。

M-1を販売しているサラヴィオ化粧品では、国際会議で評価されるほどの研究をしているので非常にポイントが高いですね。

M-1育毛ミストが向いている人であれば、一度試して損はないでしょう。

>>とりあえずM-1育毛ミストを試してみる

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ