ミノキシジルは女性が使える育毛剤?男性用との違いや副作用は?

Fotolia_53912205_Subscription_Monthly_XXL_R

薄毛に良く効くと言われているプロペシアは男性専用の育毛剤で、女性は使うことができません。

しかし、プロペシアと同じように薄毛に効くと言われているミノキシジルは女性も使うことができます

髪の毛が薄くなってきて困っているという場合には、ミノキシジルを使うといいでしょう。

男性用ミノキシジル入り育毛剤との違いは?

男性用と女性用の違いはミノキシジルの濃度の違いです。女性用の方は男性用と比べるとミノキシジルの濃度が低いです。

ミノキシジルは濃度が濃い方が効果は高いのですが、その反面、副作用も強く出てしまうのです。

女性の方が少し副作用が出やすいので、男性よりも濃度が薄くなっているのです。

また、女性の方が薄毛になりにくいので濃度が薄くても効果があるので、無理に男性用のものを使わないようにしましょう。

女性がミノキシジルを使った場合の副作用は?

女性が使った場合でも男性が使った場合でも発症する副作用は同じで女性特有の副作用というのはありません。

ただ同じ副作用でも問題度の違いや起きやすさというのは違います。

ミノキシジルの副作用の中でも特に女性に影響しやすいものを紹介します。

※使用しても影響が出ないことの方が圧倒的に多いですが、問題があった場合に使用中止できるように症状を知っておくといいでしょう。

  • 多毛症
  • 低血圧

多毛症

女性の場合は体毛が濃くなると一気に美しさが崩れます。

臨床試験においては、女性の場合、顔に多毛症の症状が出たそうです。

顔は一番目立つところですし、女性で顔に髭があったりするのははっきり言ってないですよね。

男性であれば多少髭が濃くなったとしてもそこまで問題にはなりません。

このように多毛症の副作用には注意しておいた方がいいでしょう。

ちなみに多毛症は飲むのをやめれば治まってきますが、毛のサイクルを1周しなければいけないので元に戻るには時間がかかると思ってください。

低血圧

ミノキシジルは元々降圧剤として開発され、その副作用として多毛症が見られたので育毛・発毛向けに使われました。

女性には低血圧な人が多いですが、低血圧の人がミノキシジルを使うと血圧が下がるので低血圧症状が出やすくなります。

低血圧症状には、頭痛・めまい・倦怠感・不眠・動悸などがあります。

ミノキシジル外用であれば、そこまで強い作用はないので過剰な心配は必要ありませんが、「多毛症」と「低血圧症状」には気を付けてください。

注意点について

ミノキシジルは女性が使っても大丈夫なのですが、妊娠している可能性がある場合や妊婦は使ってはいけません。

胎児や子供への影響は未知数なので、子作りをする段階からミノキシジルを使うのをやめた方がいいでしょう。

>>とりあえずミノキシジル外用(カークランド5%)の詳細を見るならこちらから

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ