ミノキシジルを使うと副作用でむくみが出る?解消方法は?

むくみが起こる原因とは!?

Fotolia_54700857_Subscription_Monthly_XXL_Rミノキシジルを使うと副作用としてむくんでしまうことがあります。

ミノキシジル外用(リアップ、ロゲインなど)ではそれほど副作用が出ないのであまりむくみません。

しかしロテニン(ミノキシジルタブレット)などのミノキシジル内用を使うとひどくむくむケースもあります。

どの程度むくむかは人によって違いますが、薄毛を改善して見た目を良くしようというのに顔がむくんでしまっては嫌ですよね。

それでむくみが起こる原因には2つ考えられています。

  1. 利尿作用の低下によるむくみ
  2. 血管拡張作用によるむくみ

1.利尿作用の低下によるむくみ

利尿作用が低下する(尿があまりでなくなる)と体からうまく水分を排出できなくなるのでその水分が体の中に溜まりむくんでしまいやすくなります。

本来であればロニテン(ミノキシジルタブレット)は利尿剤と一緒に飲まなければいけない薬なのですが、個人輸入で手に入れるとそういった知識もなく薬を使ってしまう人が多いです。

それは非常に危険な行為なので、安易に使わないようにしましょう。

ちなみに利尿剤ともう一つ一緒に飲まなければいけない薬がありますが、安易にロニテンを使ってほしくないのでここには書きません。

2.血管拡張作用によるむくみ

ミノキシジルには血管拡張作用があるのですが、主に動脈に作用します。

動脈は栄養や酸素などを細胞に渡し、静脈は老廃物を回収する役割があります。

動脈が拡張されることにより栄養などは細胞に渡されるのですが、静脈の流れが滞っており老廃物を回収できないということが起こるのです。

動脈と静脈のバランスが悪くなることにより、老廃物が溜まってむくんでしまうということです。

これもミノキシジル外用であれば、副作用はそれほど起きませんが、ミノキシジル内用の場合は全身で起こる可能性があります。

>>とりあえずミノキシジル外用(カークランド5%)の詳細を見るならこちらから

 

むくみの解消方法について

ミノキシジル外用は副作用が強いので使わない方がいいのですが、ミノキシジル外用であっても多少はむくむこともあります。

外用を使ってむくんでしまった場合には利尿剤を使わなくても、以下のようなマッサージをすることでむくみを解消することができます。

もしもむくんできた場合にはやってみてください。

顔のむくみ

足のむくみ

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ