ミノキシジルの心臓に関する副作用(痛み・肥大・破裂)について

Fotolia_47796320_Subscription_Monthly_XXL_R

ミノキシジルの外用であれば、それほど体に吸収されるわけでもなく部分的に使うので心臓に副作用が出ることはあまりありません。

ただし、ミノキシジル内用(ロニテン・ミノキシジルタブレット)を使う場合は、心臓への負担も大きくなり副作用が出る可能性が高いです。

なので、当サイトではお勧めはしていませんが、どのようなことが起こる可能性があるのかを紹介します。

※ミノキシジル内用は国内で未承認なため日本で詳しく書いてあるところがなく、一部の内容については海外のサイトで調べました。
翻訳機能を使ったものになるので、内容に間違いがあるかもしれませんがご了承ください。

  • 心臓が痛くなる
  • 心臓肥大について
  • 心臓破裂について

心臓が痛くなる

心臓が痛くなる場合、動悸や不整脈によって痛みが起こります。

ミノキシジルには動悸や不整脈が起こる副作用があるので、そのために心臓が痛くなったように感じてしまうのです。

詳しくはこちらの記事を参照してください。

>>なぜミノキシジルを使用すると動悸・不整脈が起こるのか

心臓肥大について

ネズミ、犬、猿、ウサギにおける動物実験において心臓の肥大や拡張がみられました。

これは長期的に水分が体にたまることによって起こる現象だと考えられています。

猿の実験においては利尿剤を使うことで心臓肥大を抑えることができたという結果もあります。

心臓が肥大すると心筋虚血になり、不整脈も合わせて発症しやすくなります。

心筋虚血は心筋梗塞や心不全に発達する可能性があるものです。

海外ではミノキシジル内用(ロニテン)を飲むときには利尿剤と一緒に飲む必要があるとなっているのにはこういった理由もあるのでしょう。

心臓破裂について

育毛剤としてミノキシジル内用を開発しようとして動物実験の段階で犬の心臓が破裂したということが起こりました。

今のところ人間が使用して心臓が破裂したという事例は報告されていないが、動物では起こったことなので心臓が破裂する可能性は残っています。

ただ海外で使用している場合は降圧剤として使われていますし、医師の監視下の元使われるのでそこまでの異常が起こる可能性は低いですね。

個人輸入で使う場合は特に注意を払ったほうがいいでしょう。

まとめ

ミノキシジルを使うと心臓に負担がかかりやすくなります。

そのため心臓が弱い方や狭心症などを抱えている場合は、ミノキシジルを使わない方がいいでしょう。

内用はもちろんのこと、外用も念のため控えた方がいいですね。

ミノキシジルを使わなくても他の育毛剤を使うことで髪の毛を生やすこともできるのでそちらを試してみてください。
>>副作用がなく効果の高い育毛剤はこれだ!

>>とりあえずミノキシジル外用(カークランド5%)の詳細を見るならこちらから

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ