ミノキシジルの副作用で低血圧になり下痢や不眠になることも

Fotolia_50559040_Subscription_Monthly_XXL_Rミノキシジルは医薬品で副作用があるのですが、その中に低血圧が原因で起こっているであろう副作用があります。

そもそもミノキシジルは最初血圧を下げるための薬として開発がされたのですが、副作用として多毛症があることが分かったので、育毛や発毛目的に使われるようになったのです。

なので、ミノキシジルを使うと血圧が下がりやすくなります。

 

元々高血圧気味な人であれば、ミノキシジルを使っても低血圧に関連する副作用は出にくいのですが、もともと血圧が正常もしくは少し低い場合は低血圧の症状が発生する可能性があります。

特にミノキシジルタブレットは、育毛目的で使うものではなく降圧剤として使うものなので元々血圧が低い人が使うのは危険です。

ミノキシジル外用(リアップやロゲイン)であれば、それほど体に吸収されるわけでもありませんし体の一部に使うので、過剰に副作用におびえる必要はありません。

元々低血圧気味の人は慎重に使うようにしましょう。

>>とりあえずミノキシジル入り育毛剤の詳細を見てみる

 

低血圧によって起こる副作用や問題について

低血圧状態になると以下のような症状が起こります。

  • 頭痛・めまい・倦怠感
  • 不眠・寝起きの悪さ(眠気)
  • 食欲不振・吐き気・下痢・便秘・腹痛
  • 動悸・息切れ・不整脈
  • 発汗・冷え

これらはミノキシジルの副作用ともなっています。

>>ミノキシジルの副作用の頭痛や動悸ついては別の原因も考えられます

これらの副作用が出ても、一時的な場合もあるので使用を続けることはできます。

しかし、激痛が走ったり、動悸などが激しく襲ってきた場合はすぐに使用を中止してお医者さんに相談をした方がいいでしょう。

 

体のことを考えるのであれば使用を中止するのは当然なことですが、ミノキシジルが使えなくなると当然薄毛も進行していきます。

ミノキシジルの役割は髪の毛の成長を促すことなので、育毛剤でもある程度は代用することができます。

育毛剤であればミノキシジルのような副作用もないので安心です。

>>副作用がなく効果の高い育毛剤はこちら

低血圧の改善・予防策とは?

ミノキシジルを使用したときに低血圧になることを予防することで、副作用が発生することなく使うことができます。

いくつか低血圧の改善・予防策を紹介するので参考にしてください。

運動をするようにする

低血圧な場合は心臓から体に血液を送る力が弱まっているので、運動をすることで積極的に送り出す力を養うことができます。

たばこを控える

たばこを吸うと血管が縮こまり血液の流れが悪くなります。

また、髪の毛にも良くないので髪の毛を増やしたいのであればたばこを吸うのはやめた方がいいです。

冷たい食べ物や甘い食べ物を控える

糖分には体を冷やす作用があり体の温度が低くなりがちになってしまいます。

体の温度が下がると血管が収縮するので、血液の流れが悪くなってしまいます。

なので、冷たいものや甘い食べ物をあまりとらずに温かいものを取るようにしましょう。

>>とりあえずミノキシジル入り育毛剤の詳細を見てみる

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ