ミノキシジルの副作用で頭痛や動悸・不整脈などは起こるのか?

Fotolia_43205579_Subscription_Monthly_XXL_R

ミノキシジルは薄毛に効果があるので薄毛に悩んでいる人は使いたくなるものですが、副作用があるので注意して使う必要があります。

ミノキシジルの副作用の中に、頭痛や動悸・不整脈というのがあります。

まずはどうして起こるのかというのを説明していきます。

頭痛が起こる原因について

ミノキシジルの作用から考えると、普通の頭痛ではなく片頭痛が起こりやすいです。

片頭痛の原因に頭蓋骨内の血管が広がり炎症が起こった結果発症するという説があります。

ミノキシジルには血管拡張作用があるので、頭蓋骨内の血管が広がりやすくなり片頭痛が起こることがあるのだと考えられます。

 

今まで片頭痛になったことがある人はミノキシジルの作用によって血管が拡張すると炎症を起こす可能性が高くなるでしょう。

ただ頭痛の場合はミノキシジルの副作用の可能性もありますが、それ以外のことが原因で起こることもあります。

それがミノキシジルによる頭痛なのか見極めるのが難しいですが、頭痛があまりにひどい場合は直ちに使用を中止して、お医者さんに見てもらってください。

動悸・不整脈が起こる原因について

ミノキシジルを使うことで血管が広がるのですが、主に動脈が広がり静脈には作用しないのです。

動脈が広がったことによって血液量が増えるが、静脈は以前の狭いままなので心拍出量が上がりやすくなるのです。

※心拍出量:心臓が送り出す血液量

こういったアンバランスな状態が動悸や不整脈の原因と考えられています。

動悸や不整脈はなんとなく心臓がバクバクしているという程度から胸が痛くなって動けないようなレベルまで起こる可能性があるので注意してください。

また、すでに心臓に何らかの病気を抱えている場合はミノキシジルを使用しない方がいいでしょう。

これらの副作用が出る場合はどうすればいいのか?

軽い頭痛程度であれば様子を見ながら注意して使うでもいいとは思います。
※痛みが強い場合はすぐに使用を中止してください。

動悸や不整脈は心臓に関わるものなので、多少のものでも使用を中止して病院に行った方がいいでしょう。

なので、副作用が出たら使用を中止するというのが基本的な対処方法となっています。

 

これらはミノキシジル外用でも起こる可能性はありますが、非常に低いのでそれほど心配する必要がありません。

しかし、ミノキシジル内用の場合は副作用が起こる確率が高いので当サイトではお勧めしておりません。

万が一使う場合は十分に注意し自己責任の元で使ってください。

>>とりあえずミノキシジル外用(カークランド5%)の詳細を見るならこちらから

 

>>副作用がなく効果の高い育毛剤はこれだ!

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ