プロペシアとフィンペシアは効果や副作用に違いはあるのか?

Fotolia_39541409_Subscription_Monthly_XXL_Rフィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品です。

なので、成分に大きな違いはなく効果や副作用はプロペシアをほとんど同じと言われています。

フィンペシアの方が値段が安いので、プロペシアではなくフィンペシアを選択している人もいますね。

 

ほとんど同じという風にあいまいな言い方になっていますが、日本で承認されているわけではないのでフィンペシアの情報が少ないのです。

使った人の感想に限られてしまいます。

またジェネリック医薬品は先発医薬品よりも簡単な審査で通ってしまうものなので、わざわざ試験を行わないのです。

そのため公的な試験結果が分からないので、ほとんど同じという言い方をしています。

ただフィンペシアにもAGAに効果があるフィナステリドが入っているので、プロペシアと同じ効果はあると思います。

 

余談ですが、フィンペシアはジェネリック医薬品なのですが、実はプロペシアの特許はまだ切れていません。(プロペシアの特許は2019年まで)

本来であれば特許が切れていないのでジェネリック医薬品を作ることはできません。

それではどうしてジェネリック医薬品が出回っているのかと言いますと、その秘密はインドにあります。

 

インドは成分特許が認められていないので、海外の公開されている特許を使って安く大量に医薬品を作っているのです。

そのためインドではジェネリック医薬品の生産が活発で、その医薬品が貧困国の医療に使われているという事実もあります。

 

ただし、成分の特許が認められていないだけなので製法は違っています。

実際にフィンペシアはキノリンイエローという着色料が使われていて一時期問題になりました。

※キノリンイエローは発がん性が疑われている成分です。
(国によってキノリンイエローの問題の重要度の扱いに差があります。)

 

インドではキノリンイエローの発がん性について、それほど大きな問題に捉えられていないので生産中止にはなっていません。

しかし発がん性が疑われているということで、海外向けとしてキノリンイエローなしのフィンペシアが発売されるようになりました。

このような経緯があるので安全性を重視したいのであればプロペシアを飲むようにした方がいいでしょう。

個人輸入で手に入れるとなると自己責任になりますので、注意して飲むようにしてください。

>>フィンペシアを信頼できる輸入代行業者から買うならこちらから

>>プロペシアを信頼できる輸入代行業者から買うならこちらから

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ