プロペシアが保険適用外なのはなぜ?

Fotolia_54700857_Subscription_Monthly_XXL_R薄毛で悩んでいる人にとって、髪の毛の問題は非常に大きな問題です。

しかし、薄毛という理由で病院に行っても保険が適用されずに、全額自費負担で診療や薬代を支払う必要があります。

これは薄毛が病気ではないからという理由で全額自費負担というわけではないのです。

薄毛の原因の多くはAGAと言ってこれは男性型脱毛症という一種の病気です。

病気だったら保険がきくのではないか?と思うかもしれませんが、命に関わる病気ではないので保険が使えないのです。

 

例えば、髪の毛が全部なくなったとしても普通に生活することができますし、健康にとっても害はありません。

国民健康保険は保険料を取っていますが、そのお金は国民が健康な生活を送るために使うものですので、それ以外には使えないのです。

健康に関係のない個人的な悩みについては対象外となっています。

 

プロペシアなどの薄毛関係以外にも、美容外科手術も対象外です。

これも”手術”ではありますが、個人的な悩みを解決するためのものなので保険が使えないのです。

全額自費負担でお医者さんに診てもらう必要があるので、料金は高くなります。

 

あまりお金がないようでしたら、自己責任にはなりますが個人輸入で安く手に入れることもできます。

その時に代行業者を使うと楽に買うことができますよ。

>>プロペシアを最も安く手に入れるならこちらから

全額自費負担になるとプロペシアを手に入れるのにいくらかかる?

プロペシアを国内で手に入れるのであれば、お医者さんの処方箋が必要です。

お医者さんの診察代+プロペシア代となります。

値段は病院によっても異なりますが、このくらいの値段のところが多いです。

初診 約3000円
再診 約1000円
プロペシア代(約1か月分) 7000~9000円

合計すると初診で10000円~、再診で8000円~ですね。

これに消費税もかかってくるので、大体毎月1万円くらいかかると思った方がいいでしょう。

ちなみに、個人輸入では約5000円で買うことができるので月々5000円くらい安いということですね。

プロペシアは長期的に飲み続ける必要があるものなので、1年間飲んだら6万円の差になります。

この値段の違いを考慮したうえで自己責任で個人輸入を使ってください。

>>プロペシアを最も安く手に入れるならこちらから

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ