プロペシアの副作用で肝臓に負担がかかりガンになる?

プロペシアを飲むことで肝臓がんになることはあるのか?

プロペシアの重篤な副作用として、肝機能障害があります。

これは自発報告あるいは海外において認められている例なのですが、十数例の肝機能障害が報告されています。

何十万人と使用しているうちの十数例なので、確率はそれほど高くありません。

それで肝機能障害がずっと起きている状態だと、肝炎・肝硬変・肝臓がんなどに発展する可能性があります。

肝機能障害は起こる可能性は高くなるので、肝臓がんになる確率も高くなるということもできるでしょう。

なぜプロペシアを飲むと肝機能障害が起こるのか?

どうして肝機能障害が起こるのかと言いますと、プロペシアは肝臓で代謝されます。

代謝されるということは負担がかかるということです。

飲まない場合よりも負担がかかるため、肝機能障害が起こりやすくなるというわけです。

 

しかし、肝臓に負担がかかるものは他にもあります。

例えば、食べ過ぎ(特に刺激の強い食べ物は負担が大きい)、お酒の飲み過ぎ、運動不足などがあります。

刺激の強い食べ物は、辛い物や味の強いものだけでなく、コーヒー・紅茶・チョコレートなども含みます。

昼間は仕事中にコーヒーをガブガブ飲み、夜は辛い物を食べながらお酒をたくさん飲んでいるような人は相当肝臓に負担がかかっているということです。

こういう人がプロペシアを飲むと、今まで以上に負担がかかるのでそのために肝機能障害が起こりやすくなります。

 

つまり、プロペシア単体の作用で肝機能障害が起こるというよりは、日常生活で肝臓に負担がかかっているから肝機能障害が起こると言った方がいいかもしれません。

肝機能障害が怖いというのであれば、プロペシアうんぬんよりも生活を見直しましょう。

また、すでに肝機能障害である場合にはお医者さんに相談をして注意しながら飲んでください。

 

肝臓が疲労することで、疲労感や脳の働きが悪くなる

プロペシアの副作用として公式では発表されていませんが、2ちゃんねるなどのを見てみると中には「飲んだらだるくなった」「頭の回転が悪くなった」などと書き込んでいる人がいます。(育毛業界によるネガティブキャンペーンかもしれませんが)

これらの症状というのは肝臓が疲労することによって起こる症状です。

肝臓は代謝や解毒など色々な役割があるので、疲労して機能が低下すると体の毒素(例えば、アンモニアなど)が処理されません。

毒素が体にあると疲労感を感じてしまうのです。

例えば、二日酔いの時って体がだるかったり、頭が重かったりしますよね?

 

二日酔いレベルまでではなくとも、肝臓を今までより使っているため、多少の疲労感や集中力がなくなるのです。

プロペシアに限らず、医薬品には副作用があるので体調が悪くなると副作用なのではと思ってしまいがちです。

その前に日常生活に問題がないかというのもチェックするようにしましょう。

>>副作用がなく効果の高い育毛剤はこちら

>>プロペシア(アメリカ版)1mgを安く手に入れるならこちらから

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ