プロペシアの副作用でうつ病になることはあるのか?

Fotolia_41126552_Subscription_Monthly_XXL_Rプロペシアの副作用の中に「抑うつ症状」になるというものがあります。
※自発報告または海外で認められている副作用でどの程度の頻度で起こるかは不明です。

抑うつ症状とは、簡単に説明をすると気分が落ち込んでいてだるい状態のことを指します。

抑うつ状態が長期的に続いていると、うつ病となることが多いです。

そうなるとプロペシアを飲み続けているとうつ病になるともいうことができます。

 

しかし、うつ病は精神的なものです。

プロペシアの作用というよりも、コンプレックスがなかなか改善しないという精神的な苦痛が抑うつ症状を引き起こしている可能性もあります。

プロペシアを飲む人は薄毛に対して非常に強いコンプレックスを持っています。

 

「効くと言われていたプロペシアを飲んでも髪の毛が生えてこないなんて…

きっとこのまま禿げていくんだ。

ずっとハゲのことを馬鹿にされ続けるんだ…」

と言ったように精神的に弱ってしまう可能性があります。

 

直接的な副作用ではなく、改善されないことによるストレスでうつ病になりやすくなるという感じですね。

プロペシアをこれから飲む人や飲んでいる人に勘違いをしてほしくないので補足しますが、プロペシアは薄毛に対して効果的な薬ですが、AGAにしか有効ではありません。

AGA以外の脱毛症には効果はありません。

薄毛の原因というのはAGAが有名ですが、それ以外にも血行不良や栄養不足など様々な原因があります。

薄毛が進行するのは一つの原因だけでなく複数の原因が絡んでいることもあります。

そうなると例えAGAを改善できたとしても、その他の原因で髪の毛が増えなかったり、薄毛が進行することもあります。

そのため過剰な期待をして飲まない方が精神的なストレスになることは少ないですよ。

>>プロペシアを最も安く手に入れるならこちらから

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ