プロペシアは若いうちほど効果がある?それとも効かない?

Fotolia_48265033_Subscription_Monthly_XXL_Rプロペシアは若はげや若い人に良く効くという噂が巷では広がっています。

最近では若い人でも髪の毛が薄い人が多くなっており、薄毛に悩んでいる人もたくさんいます。

薄毛が改善されるのであればということでプロペシアを飲む人も多いですね。

 

それでなぜ若い人ほどプロペシアの効果があると言われているのかと言いますと、年を取っているとAGA以外の原因でも髪の毛が薄くなりやすいからです。

薄毛の原因はAGAが代表格となっていますが、それ以外にも原因はあります。

例えば、加齢による薄毛の進行というのがあり、年を取れば誰でも徐々に髪の毛が細く薄くなっていきます。

年を取るとAGAだけでなく加齢による薄毛の進行というのも加わるということです。

 

それでプロペシアはAGAに対してのみ有効な薬なので、それ以外の原因で髪の毛がなくなった場合には効果がありません。

仮にプロペシアを飲んでAGAの原因を潰したとしても、それ以外の原因で薄毛が進行しやすいので年を取っている人はプロペシアだけでは髪の毛が増えるところまでいかないことがあるのです。

 

それに対して若い人であれば、まず加齢による薄毛の進行はほとんどありません。

また体もおっさんと比べると元気なので髪の毛を生やす力も残っています。

薄毛の原因のメインがAGAであれば、プロペシアを飲みAGAを改善ことで薄毛を進行させるものがなくなるので、体の持っている発毛力で髪の毛を生やすことができるのです。

発毛パワー
はげパワー

このように年齢とともに発毛パワーは減っていき、ハゲパワーもマイナスの値が大きくなるのです。

 

上の方にも書きましたが、プロペシアはAGAが原因の場合のみに有効なので、薄毛の原因がAGAでなければ例え若はげであっても改善されません。

AGAは前頭部から頭頂部の髪の毛を薄くするものなので、具体的に何が原因かは分かりにくいです。

なので、薄毛に悩んでいる場合はとりあえずプロペシアを飲んで半年間様子を見ましょう。

 

ちなみにプロペシアを個人輸入で買えるからといって、20歳未満の人はプロペシアを使わないようにしましょう。

20歳未満での安全性および有効性は確立されていません。

それに20歳未満では、もともとおでこが広いだけであって薄毛になっているということはあまりありません。

過剰に意識するとストレスになって薄毛が進行しやすいので、あまり気にしない方がいいでしょう。

>>プロペシアを最も安く手に入れるならこちらから

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ