プロペシアを飲んだら献血できない理由とは?その期間は?

献血ができない理由について

プロペシアにはフィナステリドという有効成分が入っていますが、プロペシアを飲んでいると血液の中にフィナステリドが含まれることになります。

それでフィナステリドは女性に対して深刻な副作用を及ぼす危険性があります。

特に妊娠をしている(かもしれない)女性、乳児に母乳を与えている女性は触れてもいけないレベルです。

なので、献血で採取された血液が、万が一女性に使われてしまったら大きな問題になるのです。

そのためプロペシアを飲んだら、献血に入ってはいけないのです。

どのような副作用があるのか

プロペシアにはAGAの原因となっているDHTの生成を抑制する働きがあります。

薄毛の人にとっては邪魔な存在のDHTですが、胎児にとっては陰茎や陰嚢といった男性外性器を分化させるのに大事な成分となっているのです。

おなかの中に赤ちゃんがいる女性がフィナステリドを摂取してしまうと、胎児の外性器が正常に育たない可能性があります。

献血をした血液がこういった女性に当たる確率はそこまで高くありませんが、万が一でもこんなことを起こしてはいけないのでプロペシアを飲んだら献血はしないようにしましょう。

どれくらいの期間献血をしてはいけないのか?

プロペシアを飲んでいるのであれば献血にいかないようにした方がいいのですが、中には会社で行うなど半強制的に献血をしなければいけないという人もいます。

その場合にはプロペシアの服用を1か月間やめてから行うようにしてください。

プロペシアは飲むのをやめると再び薄毛が進行してしまいますが、1か月飲むのをやめたからといっても大きな変化はしないと思います。

どうしても飲むのをやめたくなければ、何か理由を付けて献血を行わないようにしましょう。

もしもプロペシア献血してしまったら…

献血をする際に飲んでいる薬などを聞かれるので、あまりないことだとは思いますが、万が一プロペシアを飲んでいる状態で献血をしてしまった場合は日本赤十字社に連絡をしましょう。

その時は、献血時の「識別コード」「フィナステリド(プロペシア)を服用中であること」伝えましょう。

赤十字社 全国血液センター一覧

>>プロペシアを最も安く手に入れるならこちらから

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ