リアップ、リアッププラス、リアップX5の成分の違いとは?

リアップ ミノキシジル1%
リアッププラス ミノキシジル1%
パントテニールエチルエーテル 1%
トコフェロール酢酸エステル 0.08%
l-メントール 0.3%
リアップX5 ミノキシジル5%

どのシリーズにもミノキシジルが入っています。

 

ミノキシジルには、血行促進作用と髪の毛の成長を促す作用があります。

髪の毛の成長を促す作用が髪の毛に良いことは分かると思いますが、なぜ血行促進作用が大事なのか。

それは血液から髪の毛に栄養が渡されるのですが、血行が悪いと栄養を渡しにくくなるからです。

そのため血の巡りを良くして、栄養の受け渡しをスムーズにすることが大事なのです。

これらの高い作用がリアップの売りとなっています。

 

リアップとリアップX5の違いはミノキシジルの濃度だけですが、リアッププラスには「パントテニールエチルエーテル」「トコフェロール酢酸エステル」「l-メントール」が含まれています。

それぞれの成分がどのような効果があるのかを説明していきます。

  • パントテニールエチルエーテル

パントテン酸誘導体はビタミンB5で頭皮に栄養を与えます。

頭皮に栄養を与えることで健康な頭皮を作ります。

  • トコフェロール酢酸エステル

頭皮の汚れや炎症、かゆみを抑える作用があり、頭皮の状態を良くしてくれます。

  • l-メントール

頭皮のかゆみを抑える作用があり、清涼感も与えてくれます。

使用感が良くなるのはこれのおかげですね。

このようにリアップジェットに含まれている成分は頭皮の状態を良くする作用のものですね。

髪の毛の成長には頭皮の状態も大切なので、こういった成分が含まれているのでしょう。

最も効果が高いのはどれなのか?

ミノキシジル5%が含まれているリアップX5が最も効果が現れやすいです。

ミノキシジルは濃度が濃くなれば濃くなるほど、強く作用します。

1%と5%では5倍も濃度が違うので、この差は大きいと思います。

 

リアッププラスに含まれている「パントテニールエチルエーテル」「トコフェロール酢酸エステル」「l-メントール」は髪の毛に良い成分ではありますが、ミノキシジルほど育毛作用が強いわけではないです。

なので、リアップX5が最も効果が高いと言えるでしょう。

 

ちなみに海外ではもっと濃い濃度のものも作られているみたいですが、副作用の観点からとりあえず5%のミノキシジル外用がいいでしょう。

自己責任で使うにあたっては徐々に濃度を濃くしていくという方が、安全ですからね。

>>リアップX5と同じ効果があって値段が安い育毛剤はこれだ!

リアップの有効成分であるミノキシジル入りの育毛剤をかなり安く購入できますよ。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ