人毛のかつらは誰の髪の毛なの?どこから仕入れているのか?

Fotolia_53100844_Subscription_Monthly_XXL_Rかつらの髪の毛は美容室で切った髪の毛が使われていると思っている人も中にはいますが、そんなことはありません。

美容室で切られた髪の毛はゴミとして処分されています。

髪の毛をかつらとして使う場合には、長い髪の毛の人から買い取っています。

 

以前は日本人からも髪の毛を買い取っていましたが、今の多くの女性の髪の毛はカラーリングやパーマで傷んでおり使い物にならないのが現状です。

そのため買取業者も激減しており、髪の毛を買い取ってほしいという場合にも探すのが一苦労しますね。

今はJHDAC(ジャーダック)というNPO法人で髪の毛の寄付を募集しているので、長い髪の毛をバッサリと切るのであればJHDACに寄付するのも一つの選択肢としてありますね。
http://jhdac.org/donation/

 

それで日本人からは髪の毛を集めることができないので、今は中国・インドなどのアジアの国の人から髪の毛を買い取っています

かつらにとって理想の髪の毛というのは、全く傷んでいない髪の毛です。

できればシャンプーやトリートメントをしていない髪の毛の方が生まれたままの髪の毛なので良質だそうです。

 

こういった髪の毛をもっているのが、中国の農村部の女性です。

髪の毛は意外といいお金になるので髪を買い取ってもらうために手入れをしている女性もいますね。

もちろん髪の毛を売る目的ではなく伸ばしている女性もいますが、そこにブローカー(買取人)がやってきて交渉をして髪の毛を売るのでしょう。

髪のきれいな女性が泣く泣く手放して作られているのがカツラなのです。

 

インドからもかつらを輸入していますが、日本人の髪質とは少し違います。

それよりも中国などの東アジア系の方が日本人の髪の毛の色や髪質が似ているので人気が高いですね。

このようにアジアの国からかつらを輸入しています。

中には人の髪の毛というのはなんだか気持ちが悪いという人もいますが、そういう人は人工毛を使ったかつらを付けるといいですよ。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ