人毛のかつらと人工毛のかつらの違いとは?

人毛 人工毛
値段 高い 安い
光沢 自然 少し違和感がある
縮れ ほとんど縮れない 長く使うと縮れてくる
手触り 良い 悪い
乾き 遅い(水を吸うため) 早い(水を吸わないため)
絡み 絡みやすい 絡みにくい
褐色 半年から1年くらいで劣化 変換なし
なじみ 良い 良くない

人毛のカツラの特徴

人毛の最大の特徴は人の髪の毛なので髪の毛になじみやすいという点です。

やはり薄毛を隠すためにかつらを被るので、髪の毛になじまず違和感が出てしまうと、かつらを付けているのではと周りの人に疑われてしまう可能性が高くなります。

最初からかつらを被っていることを公表できるのであれば、なじまないもの使っていてもいいかもしれませんけどね。

 

また色の劣化はしますが、自分の髪の毛と同じ色に染めることができるので、そういったメンテナンスをしっかりとやれば問題はありません。

注意点としては、髪型をきれいにするのであればワックス等を使う必要があります。

雑なヘアスタイルではなくしっかりとした髪形にしたいのであれば、こういった手間がかかってしまいます。

>>人毛のかつらは誰の髪の毛を使っているのか?

人工毛のカツラのの特徴

人工毛のかつらの最大の特徴は手入れが楽という点です。

化学繊維で人工毛は作られていおり、形状記憶で形が決まっているのであまりセットをしなくても自分望み通りンの髪形に変えやすいです。

また、水やシャンプーで洗っても水を吸わないので乾くまでの時間が早いですね。

色褪せもしないので、長く使えるのもポイントが高いですね。

こういった使い勝手の良さから人工毛のかつらを選ぶ人もいます。

 

注意点としては、ドライヤーを使うと毛が縮れてしまうこともあります。

今では耐熱性のものもあるのでこの欠点が解消されつつあります。

人毛と人工毛どちらのかつらの方がいいのか?

オシャレ目的のかつらではなく、薄毛を隠すためのかつらなのであれば、人毛の方がお勧めです。

お勧めですが、値段も高いのでその点はお財布と相談してください。

また、人工毛と言ってもだんだんと研究開発が進み高品質なものも増えてきました。

高品質なカツラであれば、違和感や不自然さというのもあまりないです。

結局のところはカツラを実際に付けてみて違和感があるかどうかをチェックして決めましょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ