かつらのメンテナンス(手入れ)の方法とは?費用はいくら?

Fotolia_50559040_Subscription_Monthly_XXL_Rかつらを毎日のように使っているのであれば、当然汚れてくるのでメンテナンスをする必要があります。

定期的に行うメンテナンスとしては週1回程度のシャンプーがあります。

かつらも髪なので洗う時はシャンプーを使って洗います。

 

シャンプーのやり方について

シャンプーをすることで汚れを取ることはできますが、丁寧にシャンプーをするように心がけないとかつらの劣化を早めることに繋がるので注意してください。

自分の髪の毛を洗う時と同じように洗うのではなく、荒めの櫛を使って毛の流れに沿って洗うようにしましょう。

また、シャンプーの後にリンスやトリートメントもするとなめらかな髪の毛になりやすいですね。

シャンプー・リンス・トリートメントをした後は、泡等が髪の残らないように十分にすすいでください。

乾燥方法について

乾燥させるときは、タオルでゴシゴシとふくのではなくタオルで包むようにして水分を取りましょう。

この時も丁寧にやることを心がけるようにしてください。

大まかに水分を取ることができたら、ドライヤーを使って乾かします。

人毛の場合

人毛の場合はドライヤーの冷風を使い、櫛でとかしながら乾かしましょう。

自然乾燥に任せてしまうと、髪の毛が流れが変になってしまうこともあります。

また、乾燥するまでに時間がかかるとバクテリアが発生して変なにおいを発生させることもあります。

なので、自然感想に任せるのではなくドライヤーを使って乾かしましょう。

人工毛の場合

人工毛の場合も冷風のドライヤーで乾かしましょう。

ただ人毛と違って水分を吸わないので早く乾燥させることができます。

また髪の毛に形状記憶の力があり再びセットすることなく元の髪形に戻ります。

>>人毛と人工毛の違いについて

自分でかつらを洗うのが大変だという場合には、かつらのシャンプーをしてくれるところもあります。

値段は2000円~やってもらうことができますが、大きさやトリートメントをするかで値段が変わってきます。

ヘアーカットについて

かつらのメンテナンスではありませんが、自毛が伸びてくるとかつらと合わなくなってくることがあります。

髪を切るときにどこでもいいわけではなく、かつらと合わせるには技術が必要なのでかつら専門店に行く必要があります。

こういったところで髪の毛を切るとなると少し高く5000円程度かかります。

また、かつらを被っている違和感を出したくないのであれば、月に1回は行く方がいいでしょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ