かつらとウィッグに性能的な違いはあるのか?

Fotolia_53100844_Subscription_Monthly_XXL_Rかつらとウィッグには性能的な違いは一切ありません。

両方とも頭の上にのせて髪の毛量を増やしたり、髪形を変えるために使います。

 

でも、どういうわけか2つ名称が使われていますよね。

個人的にはすべてカツラで統一してもいいのではと思っているのですが、イメージの問題で使い分けられていますね。

なぜ「かつら」と「ウィッグ」の2つの名称があるのか?

一般的には「かつら=髪が薄い人が付けるもの」というイメージがあります。

はっきり言ってこれではあまりイメージが良くありません。

※劇団や演劇をする人は髪形を変えるためにかつらを被りますが、これはある種の専門用語になっているのでかつらという名称でもマイナスイメージがないのでしょう。

 

カツラは髪形を変えるには効果的に使えるアイテムです。

そのためオシャレアイテムとして、売り出すことが可能なのではとファッション業界の人は思ったのでしょう。

でも、かつらという名称で売り出しても、マイナスイメージがあるためになかなか売れにくい…

ということで、かつらを英語に直してウィッグ(wig)という名称を付けたのです。

 

ウィッグというとなんだかオシャレな感じがしますよね?

オシャレな名称にすることでかつらというマイナスイメージを打ち消して、女性の間でも広く使われるようになったのです。

なので、ウィッグというと女性用でオシャレのために使うカツラを指すようになっていますよね。

それに若い女性の間でも一時的に髪形を変えるためにウィッグを使うことは常識となりつつあります。

まとめ

以上のことから

  • かつらは男性の薄毛を隠すものやや劇団で使うもの
  • ウィッグは女性向けのオシャレで髪形を変えるときに使うもの

を指すようになっています。

女性がウィッグを使っているときに「かつら使っているの?」と聞くとイメージの悪さから怒られる場合があるので、「ウィッグ使っているの?」と聞くようにしましょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ