民間療法の育毛方法について

民間療法の中でも、ある程度理由がしっかりしている物を紹介します。

ただし、これをやるだけで髪の毛が生えてくるわけではないので、あくまで一つの方法としてとらえてください。

  • 黒ゴマを食べる
  • 桑の皮を煎じた汁を塗る
  • ワカメ、昆布、ヒジキなどの海藻類を食べる
  • 緑茶で頭皮をすすぐ
  • 米ぬか、センブリ、アロエなどを塗る

黒ゴマを食べる

アントニシアニンやイソフラボン、セサミノールなどの抗酸化作用が高いために黒ゴマを食べた方がいいと言われているのだと思います。

黒ゴマには、亜鉛や銅も多く含まれているので、髪のツヤや白髪にいいと思います。

桑の皮を煎じた汁を塗る

桑の根(桑白皮)には、休止期状態の髪の毛を成長期の状態に変化させるもう周期変換作用があるそうです。

実際にこのエキスを使っている育毛剤もあるそうです。

ワカメ、昆布、ヒジキなどの海藻類を食べる

海藻類を食べると髪の毛がフサフサになるみたいな迷信がありますが、そこまでの効果というのはないです。

食品なので育毛をサポートするという感じです。

ワカメや昆布などにも、亜鉛や銅が多く含まれているので髪の毛には良いと思います。

>>昆布やわかめなどの海藻類の育毛効果の詳細について

緑茶で頭皮をすすぐ

シャンプーで髪を洗った後に緑茶で頭皮をすすぐという方法です。

緑茶には、5αリダクターゼとDHTの抑制作用と皮脂を抑える効果があると言われています。

そのため育毛には役に立つと言えるでしょう。

注意点としては、やけどをしないように冷ました緑茶を使うことやかぶれが起きたら使用を中止するという点ですね。

米ぬか、センブリ、アロエなどを塗る

米ぬかから抽出されるオリザブラン(天然米ぬかエキス)には優れた保湿効果があるので頭皮に塗ることで潤いを与えることができます。

センブリから抽出したエキスをスウェルチオールと言います。

スウェルチオールには、皮膚の毛細血管を拡張させて血行をよくする作用や水腫を減らし皮膚の温度を上げる効果があります。

このエキスは、多くの育毛剤や発毛剤に使われています。

アロエは殺菌力が強くで、顔に塗ると吹き出し物をなくすことができます。

そのため育毛剤よりもシャンプーに使われていることが多いですね。

直接アロエを塗りつけるとかぶれを起こすので気を付けてください。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ