iPS細胞を使えば薄毛やハゲに悩むことはなくなるのか?

iPS細胞の特徴

Fotolia_47796320_Subscription_Monthly_XXL_RiPS細胞を簡単に説明すると、臓器や器官に変わることができる細胞です。

人の身体は多くの細胞によって作られていますが、脳には脳細胞、肺には肺の細胞と様々な種類があります。

これらの細胞は、人の誕生レベルまで戻って考えると、一つの受精卵からそれらの細胞が作られていることが分かります。

つまり、受精卵がすべての細胞の元になっているというわけです。(簡単に説明すると)

 

受精卵を胚盤胞まで分化させたものを使った細胞をES細胞(胚性幹細胞)と言います。

ES細胞を実用化するとなると、人の受精卵を使用する必要があるので倫理的な問題があるので実用化が難航しているのです。

ES細胞の倫理的な問題を解消することができるのが、iPS細胞です。

iPS細胞は体の細胞を初期の段階まで戻すことによって作り出します。

 

受精卵を使わずに、様々な細胞に変化させることができるため、医学界では非常に注目度が高いです。

iPS細胞を使えば、悪くなった臓器を変えることができるので多くの病を治療することもできるようになるでしょう。

そんな素晴らしい技術は薄毛やハゲに悩んでいる人にも使うことができるのです。

禿げてしまった部分を新しい細胞に入れ替えることで髪の毛を再び生やすことも可能となるのです。

毛髪への研究も徐々に行われているみたいなので、そちらをまとめました、

 

毛髪への応用について

iPS細胞の毛髪への応用の研究ですが、慶応義塾大学医学部で毛を作ったり支えたりする毛包を部分的に再生させる実験が行われ、成功したと発表されました。

毛包は毛穴よりも下の方にある組織で、主にケラチノサイトという皮膚の細胞でできています。

さらに底には発毛を促す毛乳頭細胞があります。

マウス実験ではケラチノサイトになる前までiPS細胞を成長させて、毛乳頭細胞と同じ働きをする幼若線維芽細胞と混ぜてマウスの皮膚に移植をしました。

移植してから2~3週間後に、マウスの毛包のようなものができていて毛が生えるようになったそうです。

この技術が使えるようになれば、iPS細胞を使うこと毛が生えてくる毛穴を生やしたい部分に移植することができます。

 

現在ある技術の自毛植毛と同じような感じになりますが、自毛植毛だと側頭部や後頭部の毛包を移植するので、移植できる数に制限があります。

しかし、iPS細胞ならば制限もないので増やしたいだけ増やすことができます。

髪の毛が薄くなった分、禿げてしまった分すべてを補うことができるということですね。

iPS細胞の毛髪への実用化までは10年単位の時間がかかるでしょう。

それまではプロペシア等で対策をとるしかないですね。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ