良質な睡眠は大切な薄毛対策!睡眠と髪の関係性とは?

Fotolia_50559040_Subscription_Monthly_XXL_R睡眠は体にとってメンテナンスの時間となっています。

脳みそが休んだり体の調子が整えられたり、新陳代謝がよくなります。

これは髪の毛にとっても例外ではなく、睡眠をとることで髪の毛のメンテナンスにもなります。

なりますが、髪の毛は体にとってそれほど重要な部位ではないので、それよりも大事な脳や臓器にメンテナンスが重点的に行われます。

つまり、睡眠不足に陥るとまずはそれほど大事ではないところから影響が出てくるので、髪の毛に影響してきやすいです。

 

「どれくらいの時間寝ればよいか」と疑問を持つかもしれませんが、必要な睡眠時間は人によって異なります。

睡眠時間が短くても大丈夫なショートスリーパーの人もいれば、長い時間寝ないとダメなロングスリーパーな人もいます。

一般的に言われている時間の7時間がちょうどいいという人もいますしね。

なので、睡眠時間は自分に合ったものを自分で見つけるしかありません。

 

また睡眠は時間だけでなく、睡眠の質も大事です。

質の良い睡眠をとったほうが、メンテナンスがしっかりと行われるので髪の調子も良くなります。

それで髪の毛にとって一番良いのは、22時~2時の間に寝ることです。

この時間は成長ホルモンがたくさん分泌されやすい時間帯で、髪の成長にとってもいいですね。

理想としては、22時に深い睡眠に入っている状態になるように寝ることです。

そうすると、同じ睡眠時間でも体調や髪の毛の状態を比べるとよくなっていることが多いです。

良質な睡眠をとる方法について

寝る前にやった方がいいことについて

できるだけリラックスしてから寝るようにすることで深い眠りにつきやすいです。

お風呂に入ってから1~2時間後に寝るようにする
寝る1時間前に部屋を暗くして、ゆったりとした音楽や本を読むようにする

こういったことをやることで、寝付きもよくなりますし、深い眠りにつきやすいです。

寝る前にやってはいけないことについて

・コーヒーや緑茶などのカフェインが入っている飲み物は飲まないようにする

カフェインの覚せい作用によって変に目が覚めて寝付きにくくなりますし、寝れたとしても浅い眠りになりやすいです。

・明るくし過ぎたり、テレビやパソコンなどの光を浴びること

強い光を浴びると睡眠に関係しているホルモン(メラトニン)の分泌量が減るので、寝付きにくくなります。

寝る30分前にはパソコンやテレビを見るのをやめた方がいいでしょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ