紫外線を浴びると髪の毛と頭皮が痛む!紫外線対策とは?

Fotolia_53912205_Subscription_Monthly_XXL_R髪の毛は紫外線のダメージを受けることで、少し擦れただけでキューティクルが剥がれるようになってしまいます。

というのも、髪の毛は紫外線を受けると、髪の毛を構成しているアミノ酸のシスチンが分解されます。

構成している物が分解されるわけですから、髪の毛の強度が下がったり、水分を保持できなくなるのでパサついたりしやすくなります。

 

また、たくさんの紫外線を浴びるとフリーラジカルの作用によりメラニンが酸化分解されて、髪の毛が赤っぽくなったり、切れ毛が発生しやすくなります。

こういったダメージというのは1回1回では小さなものです、

しかし、髪の毛には自己修復機能がないのでダメージを受けるとずっと傷ついたままになるのです。

そのため一度キューティクルが剥がれると髪の潤いを保つタンパク質なども一緒になくなってしまいやすくなります。

傷ついた部分が回復しないままなので、より多くのキューティクルが剥がれ、髪がパサついたり変色したり、強度が下がったりするのです。

髪の毛と頭皮の紫外線対策について

髪の毛の紫外線対策をするのであれば、日々のケアが大事です。

ケアの仕方としては外側からと内側からの2つがあります。

外側からの対策として重要なのが、遮光対策ですね。

太陽光を遮ることができれば、紫外線をあまり浴びずに済みます。

ただし、曇りの日でも紫外線は降り注いでいますし、地面からの照り返しに対しても注意をした方がいいでしょう。

それで具体的な対策としては、

  • 帽子をかぶって髪の毛を隠す
  • UVケア用のクリームを髪の毛や頭皮にも塗っておく

というのがあります。

なるべく太陽光を避けることも大事ですが、そんなことを言っていられない場合もあるでしょう。

こういった対策をしておくことで日々積み重なるダメージを少しでも軽減するようにしましょう。

内側の対策では、紫外線による皮膚へのダメージを軽くしてくれる作用のある栄養素を取るようにします。

例えば、リコピンやβカロテン、ゼアキサンチンなどのカロテノイドなどがあります。

まとめ

夏場の紫外線が強い時期などは紫外線予防が非常に重要になってきています。

肌のケアをしっかりとする人はたくさんいますが、髪の毛のことまで気にしている人は少ないですね。

髪の毛だけにダメージが行くくらいであれば、一時的に髪が傷むくらいなのでまだ大丈夫なのですが、頭皮にまでダメージが行くと皮膚の老化に繋がります。

なので、せめて帽子をかぶるなど頭皮を守る対策はやった方がいいでしょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ