白髪になる原因とは?白髪になるのを防ぐ方法とは?

なぜ白髪になるのか?

Fotolia_53100844_Subscription_Monthly_XXL_R白髪になる原因は「色素幹細胞は自己複製しながら色素を作る細胞(メラノサイト)も生み出していますが、DNAの損傷を修復できないと自己複製機能が失われ、幹細胞がすべて分化してしまい枯渇するから」と言われています。

専門的な言葉が多くて難しいと思いますが、簡単に説明すると「髪の毛を黒くしているメラニン色素が供給されなくなるから」というわけです。

白髪になるメカニズムまでは分かっているのですが、なぜ白髪になる必要があるのかなどの根本的な原因までは分かっていません。

 

急激な白髪の増加やかたまって白髪になった時は異常事態!

徐々に白髪が増えていくのであれば自然なことなのですが、いきなり白髪が増えてきている場合は何か体に異常があるかもしれません。

例えば、慢性胃腸疾患、マラリア、貧血症、甲状腺疾患、脳下垂体機能低下症、尋常性白斑、円形脱毛症など。

こういった病気にかかっている可能性があるので、注意してください。

白髪を防ぐポイントについて

人は年を取っていくと共に新陳代謝は鈍くなり、酵素の働きも衰えていきます。

そのため体に必要な栄養素の吸収率が下がってしまいます。

そこでしっかりと栄養を補給することで、吸収率が下がってもその分を補うことができるのです。

栄養をしっかりと補給して、髪を黒くするメラノサイトがしっかりと働くようにしてやればいいのです。

 

それで白髪を防ぐビタミン類としては、

パントテン酸カルシウム、パントテン酸ナトリウム、パラアミノ安息香酸などがいいと言われています。

パラアミノ安息香酸と葉酸を組み合わせて摂取したことで、白髪になりかかった髪をもとの色に戻すことができたという人もいます。

動物実験ではその働きが認められています。

 

パントテン酸カルシウム、パントテン酸ナトリウム、パラアミノ安息香酸が多く含まれている食品は

レバー、無精製の穀類、小麦胚芽、ビール酵母、ふすまなどがあります。

 

葉酸を多く含んでいる食品は

濃緑色野菜、レバー、卵黄、あんず、ニンジン、カボチャ、アボカドなどがあります。

 

まとめ

髪の毛が白く見えるとなんだか老けて見えやすいですよね。

老けて見られるのは嫌でしたら、栄養をしっかり取って予防をするようにしましょう。

もしくは、白髪が増えてきたら白髪染めで髪の色を変えるしかないですね。

薄毛や抜け毛にも悩んでいる場合、多くの育毛剤にはアルコールが含まれており色落ちの原因になります。

なので、内服薬かアルコールが含まれていない育毛剤を使うようにしましょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ