シャンプーの選び方とは?石鹸を使うのはアリ?

Fotolia_48810693_Subscription_Monthly_XXL_R今はドラッグストアなどに行くとたくさん種類のシャンプーがありますよね。

例えば、硬い髪用、柔らかい髪用、サラサラ用、ツヤ出し用、ダメージヘア用、ボリュームアップ用などの髪質ごとのタイプ分け、育毛やフケなどの頭皮のケア目的のタイプ分け、

他にも、アミノ酸系、高級アルコール、無添加、低刺激など本当に様々な種類があります。

こんなにシャンプーの種類があると何がいいのかよく分からないですよね。

 

きっと自分の髪質や目的に合わせて選ぶのがいいのでしょうが、それがなかなか難しいんですよね。

商品を売るときには宣伝文句が使われているので、実際に使ってみると想像していたものと違うという場合もありますしね。

シャンプーを選ぶときに何を重視するのが一番いいのかというと「健康と美」です。

体に対して害があったら嫌ですし、きれいな髪の毛でありたいですよね。

 

そうなってくると一番のお勧めは弱酸性のアミノ酸系シャンプーが最適でしょう。

というのも、健康的な髪や頭皮はPH4.5~6.5の微酸性から弱酸性の状態です。

そのため弱酸性のシャンプーが頭皮の状態にマッチするので重要な条件の一つとなっています。

また、シャンプーをするときには皮脂を取り過ぎてもいけません。

皮脂は頭皮を守る役目もあるので、程よく残っている方がいいのです。

その時に最適なのがアミノ酸系シャンプーです。

皮脂を取り過ぎず、残し過ぎずにできるのがアミノ酸系シャンプーなのです。

 

このような理由からシャンプーを選ぶときには弱酸性のアミノ酸系シャンプーがいいのです、

シャンプーの代わりに石鹸で髪の毛を洗うのはあり?

石鹸には大きく分けると2種類あります。

  • 白っぽい浴用石鹸のような脂肪酸ナトリウムタイプ
  • 透明な液体や固形の脂肪酸カリウムタイプ

シャンプーに使うのであれば、後者の脂肪酸カリウムタイプですね。

脂肪酸カリウムタイプの石鹸を水に溶いて使うこともできますが、仕上がりの感触はギスギスしていてあまり良くないので、おすすめしません。

ただの洗浄目的であれば石鹸を使っても大丈夫ですが、頭皮や髪の状態を見て合っているかはチェックしたほうがいいですね。

シャンプーを使うよりも石鹸の方があっているというのであれば、そのまま使い続けるといいでしょう。

 

ただし、育毛や薄毛予防をする目的であれば弱酸性のアミノ酸系シャンプーが頭皮に優しいのでお勧めです。

石鹸を使うにしろ、シャンプーを使うにしろ正しいやり方で髪の毛を洗うことが大事ということも覚えておいてください。

>>正しいシャンプーのやり方について

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ