シャンプー前にするべきこととは?プレトリートメントとは?

Fotolia_54328488_Subscription_Monthly_XXL_Rシャンプーをすることで表面の皮脂であれば大体洗い落とすことができますが、毛穴の奥の皮脂や汚れはなかなか取れません。

毛穴の奥というのは洗いにくいところですから、どうしても残りがちなのです。

毛穴の奥の皮脂や汚れを落とすために、何回もシャンプーをするというのも一つの手ではありますが、お勧めはしません。

というのも、頭皮を傷つけてしまう恐れがあるからです。

詳しいデメリットはこちらを参照してください。

>>シャンプーを何回も行うデメリットとは

そこでオイルを使って、皮脂を落とすプレトリートメントという方法がお勧めなのです。

皮脂と油は両方ともアブラなので、良く溶け合って液状になります。

すると、毛穴の奥の皮脂まで液状になるので、その後シャンプーをすることで毛穴をきれいにすることができるのです。

プレトリートメントを行う目的とは?

プレトリートメントを行う目的は大きく分けると2つあります。

1つ目は毛穴の奥の皮脂や汚れを取って頭皮を清潔にする

頭皮は汚れやすく細菌が付着しやすいです。

かゆみやフケなどの頭皮のトラブルは頭皮が不潔な状態であることが原因となっていることが多いです。

毛穴の奥の方まで汚れを取ることで、細菌の繁殖を防いで頭皮のトラブルが起こりにくくなります。

2つ目は育毛剤の浸透力を上げるためです。

育毛剤は頭皮の奥の方まで浸透させる方が効果が高いです。

その時に皮脂があると浸透の邪魔になるので、できる限り取り除いておいた方がいいのです。

特に毛穴の奥の方にある毛母細胞や毛乳頭に育毛剤をとどかせたいのであれば、毛穴の奥の汚れは取っておいた方がいいでしょう。

プレトリートメントのやり方について

  1. ホホバオイルなどのクレンジングオイルを数滴手に取ります。
  2. 手のひらで広げて、脂の多い頭頂部や前頭部に押し込むようにオイルをもみこみましょう。
  3. 蒸しタオルを頭に巻きます。
  4. ビニールキャップをかぶり、10~15分待機しましょう。

 

蒸しタオルを作るにはタオルを濡らして絞った後、電子レンジで温めるようにします。

温め過ぎるとやけどする可能性があるので注意してください。

皮脂が多い人やべたつきが感じる人などはオイルを頭皮に直接塗りこむ方がいいですね。

逆に皮脂が少ない人はシャンプー剤に混ぜ込むのも一つの手です。

混ぜ込む時には、サラサラで水っぽくなるように調整するようにしましょう。

オイルが多すぎるとシャンプーの泡立ちが悪くなってしまうので、最適な分量を自分で探しましょう。

>>頭皮環境を最高の状態にしてくれるシャンプーはこれだ!

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ