育毛シャンプーと育毛剤の違いとは?併用したほうがいい?

Fotolia_53912205_Subscription_Monthly_XXL_R育毛シャンプーは”育毛”なんて言葉が付いていますが、頭皮環境を整えるのが目的です。

頭皮環境を整えることで髪の状態は良くなるかもしれませんが、多少ハリやコシが出る程度でしょう。

育毛シャンプーの力で抜け毛や薄毛が改善することもありますが、それは脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症の場合だけです。

 

それに対して、育毛剤は髪を育てることが目的です。

薄くなってしまった髪の毛が太くなったり、髪の毛が太くなることによって髪の毛が増えたような感じになります。

多くの人の薄毛や抜け毛を改善することができます。

 

つまり育毛シャンプーと育毛剤の大きな違いは「頭皮環境を整えるのか」「髪を育てるのか」の違いです。

育毛シャンプーの役割

頭皮環境が悪化しすると脂漏性脱毛症や粃糠性脱毛症になります。

※脂漏性脱毛症は皮脂が過剰分泌して発生する脱毛症
※粃糠性脱毛症は頭皮が乾燥してフケが多くなり発症する脱毛症

つまり皮脂が過剰にあったり、乾燥してフケが多くなると髪の毛に多大な影響を与えるということです。

 

もしもその前兆である「髪の毛がべたつく」「肩に積もるほどのフケがある」などになったら、育毛シャンプーを使って頭皮環境を改善したほうがいいでしょう。

髪のベタツキやフケ以外にも、頭皮がかゆみや頭の悪臭にも育毛シャンプーは効果的です。

髪の毛に問題があるという場合ではなく、頭皮に異常がある場合は育毛シャンプーを使いましょう。

育毛剤の役割

育毛剤は髪の毛の毛包(毛穴の奥)に栄養を与えることで髪の毛を育てます。

髪の毛に良い成分が入っているのでそれが髪の成長にプラスになるのです。

髪の毛が薄くなってきたり、抜け毛が多くなってきたという場合は育毛剤を使うようにしましょう。

育毛シャンプーと育毛剤は併用した方がいいのか?

育毛シャンプーと育毛剤を併用した方が髪の毛には良いです。

というのも、頭皮が汚れていると育毛剤が浸透しにくく効果が100%発揮されません。

そこで頭皮環境を整えると汚れがなくなるので、育毛剤が浸透しやすくなるという効果もあります。

育毛剤にどれだけよい成分が入っていても、それが浸透しなければせっかくの育毛剤が無駄になりなります。

効果的に育毛剤を使いたいのであれば、育毛シャンプーも合わせて使った方がいいでしょう。

 

使った方がいいのですが、今のシャンプーを使っていて頭皮に特に問題がないのであれば、わざわざ育毛シャンプーを買う必要はないと思います。

それよりも育毛剤にお金をかけた方が髪の毛が増えてきやすいですね。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ