植毛の寿命は約何年もつのか?10年後までもつ?

Fotolia_43205579_Subscription_Monthly_XXL_R植毛と聞くと毛を植え付けるわけですから、一生もつと思ってしまいがちです。

確かに場合によっては一生もつこともあるのですが、場合によっては違うので正しい知識を身に着けてください。

それで植毛の方法は大きく分けると「人工毛植毛」と「自毛植毛」があり、それぞれで何年持つのかが違います。

 

人工植毛の毛の寿命について

人工毛植毛の場合は、おおよそ1~2年で抜け落ちます。

人工的な毛なので、皮膚に定着することができないのです。

そのため髪の毛の状態を維持するためには定期的に植毛を行う必要があります。

人工毛の場合は拒絶反応が出て、頭皮に異常が出る場合もありますが、異常が出なければ定期的にメンテナンスを行うことで髪の毛の状態を維持することができますね。

また、すぐに髪の毛が生えている状態にできるというメリットもありますね。

自毛植毛の場合の毛の寿命について

それに対して、自毛植毛の場合は最初抜け落ちますが、その後はほとんどの毛は半永久的に生えたままです。

植毛したうちに5~10%程度は定着しないのですが、残りの90~95%の毛は定着してそのまま髪の毛が生えてくれます。

なので、10年だろうが20年だろうが髪の毛は生えたままです。

生えたままと言っても髪の毛のサイクルがあるので一時的には抜けることがありますよ。

 

自毛植毛の場合は毛を植え付けるというよりも、毛が生えてくる部分を移植するので一生もつわけです。

一般的に後頭部の髪の毛を植毛しますが、後頭部の髪の毛は薄毛になりにくい部分です。

薄毛の原因の代表格であるAGAは前頭部から頭頂部にかけて薄毛になるもので、後頭部や側頭部は髪の毛が残ったままになることが多いです。

そのため後頭部の部分を移植することで、AGAの影響を受けることなく髪の毛が生えたままになってくれるのです。

 

自毛植毛の方がずっと生えてくれるので便利なのですが、自分の髪の毛を移植する必要があるので限度があります。

なので、自毛植毛だけで薄毛の悩みをすべて解決できるとは思わない方がいいです

これ以上薄毛を進行させないような努力をしなければ、植毛した毛以外の髪の毛がなくなるので、バランスの悪い髪の毛になってしまいますよ。

 

薄毛の進行を止めて髪の毛を増やすのであれば、育毛剤を使うのが一般的ですね。

育毛剤にもいろいろと種類があるので、自分に合った育毛剤を選ぶようにしてください。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ