植毛はAGA対策になるのか?

Fotolia_47696941_Subscription_Monthly_XXL_R植毛ではAGAの進行を止めることはできません。

植毛(自毛植毛)は髪の毛が生える部分を生えていない部分に移植するだけなので、AGAの進行とはあまり関係していないのです。

 

ただ植毛する髪の毛は後頭部のものを使います。

AGAは前頭部から頭頂部にかけて薄毛が進行していくもので、後頭部や側頭部の髪の毛には影響しません。

後頭部の髪の毛を植毛をして別の場所に移っても、後頭部にあった時と同じように影響を受けないのです。

 

そのため植毛した部分は周りが薄くなっていってもそのままの状態であることが多いです。

AGAが進行中の状態で植毛をしても植毛した髪の毛以外がどんどん薄くなっていくので、変なところだけ髪の毛が生えている頭になることもあります。

そうなったら追加で植毛を行っていく必要がありますね。

 

もしくはしっかりと育毛対策をして、最低でもAGAの進行を止める必要があります。

AGAの進行を止めるにはプロペシアを服用すれば、高い確率で進行は止まるのでプロペシアを飲めばいいでしょう。

プロペシアを服用して髪の毛が増えることもあるので、先にプロペシアを服用して髪の毛の状態の様子を見てからでも植毛をするのは遅くないと思います。

植毛の値段はかなり高いので慎重に行いましょう。

頭全体に植毛をすることはできるのか?

AGAが進行して禿げたら植毛をして髪の毛フサフサにすればいいと思っている人も中にはいます。

しかし、後頭部の髪の毛の量には限界があります。

植毛できる本数は12000~15000本くらいだと言われています。

元々生えている髪の毛の密度や薄毛の進行具合によって上限は変わりますが。

 

最大の本数である15000本の髪の毛を使う場合でも前頭部から頭頂部にかけてフサフサとまではいかなくて、薄くなってきたなというような量の髪にしかなりません。

それでもまったく髪がないよりかはマシだ!というのであれば、全体を植毛してもいいでしょう。

満足できないと思うのであれば、植毛は高額なのでやめた方がいいでしょう。

 

やはり髪の毛をフサフサの状態を保ちたいのであれば、植毛に頼るのではなく育毛をしっかりすることの方が大事ですね。

AGAに対しては効果的な医薬品(プロペシア)もあるので、AGAをどうにかしたいのであればそちらをまず使った方がいいでしょう。

 

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ