植毛後に帽子やヘルメットは付けられる?ふりかけを使うのはいつから?

Fotolia_53279513_Subscription_Monthly_XXL_R植毛手術をした後は、包帯を巻いたり、移植部分に血が付いているので何か頭を隠すものがあるといいでしょう。

包帯が巻いてあるのであれば、その上からニット帽などを被って帰ることができます。

できるだけ移植部分を刺激しないように大き目の帽子やゆるい感じのニット帽を用意するといいでしょう。

 

包帯なしとなると3日後くらいから帽子やヘルメットを付けることができます。

帽子やヘルメットをかぶる際に移植部分が擦れないように、そっとかぶったり脱いだりしてください。

 

術後の移植部分やドナー部分はジーッと見られたら、おかしなことに気が付かれるかもしれませんが、人はそれほど髪の生え際なんて見ません。

なので、植毛手術後に何かで隠すことなくそのまま帰る人もいるそうですよ。

通りすがりの人であればなおのこと生え際なんて見てきませんからね。

 

ただ仕事場となると長時間接するのでかさぶたやドナー後に気づく人がいるかもしれません。

職場では帽子をかぶることが許され手いるところはめったにないのでので、帽子で隠すことも難しいですね。

その場合は髪形でうまく隠すか、ふりかけと呼ばれる増毛剤を使うといいでしょう。

ふりかけとは?いつから使っても大丈夫?

ふりかけとは、細かい産毛状の繊維が今ある髪の毛に付着して、髪の毛が太く伸びたように見せることができる増毛アイテムです。

ふりかけとは使っている人の間で言われている名称で、商品名は別にあります。

  • スーパーミリオンヘアー
  • ジョンソンズマイクロファイバー
  • ザ・ウェルシー

などが大人のふりかけとして有名ですね。

ふりかけを使うとどうなるうのかはこの動画を見ると一目瞭然です。

 

ふりかけは手術後3日目から使っても大丈夫です。

スプレータイプのものだと液体がしみる可能性があるので、2週間経ってから使い始めるようにした方がいいでしょう。

ふりかけを使えば、かさぶたやドナー跡などを簡単に隠すことができるので、職場の人に植毛をしたことがばれにくくなるでしょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ