FUE法の植毛の流れとメリット、デメリットについて

FUE法はメスを使わない植毛方法として注目されている植毛方法です。

メスを使わない植毛手術とも言われていますね。

FUE法の植毛手術は大きく分けると2つのステップに分かれています。

「ドナー採取」「植え付け」の2つです。

それぞれどうなるかを説明した後に、メリット・デメリットを紹介します。

FUE法の植毛手術の流れについて

大まかな流れはこの動画を見れば分かります。
※血が苦手な方は注意してください。

血が苦手な人のために文章でも説明を加えていきます。

ドナー採取について

髪の毛が薄くなっているところに植えるための株(髪の毛が生えている部分)を採取するときには、メスを使わず専用の機械を使います。

その機械を使うことで、1株ごとにくり抜くことができます。

そのため1つ当たりの傷が小さくなり、他の植毛方法よりも傷跡が目立ちにくいです。

 

傷跡は目立ちにくいのですが、1株1株くり抜くのであまり大量の毛をくり抜くことはできません。

薄毛が進行して広範囲に植毛をしたい場合にはあまり向いていません。

どうしても傷跡を小さくしたいという場合には、行うことができますがお勧めはされないでしょう。

もしも広範囲の植毛をしたい場合にはFUT法の方がお勧めです。

>>FUT法について

1株1株を採取する作業は高い技術力が必要で、採取する株を誤って切ってしまう切断率は高めです。

切断率が高いということはそれだけ無駄になる株が多いということになるので、FUE法で植毛をする場合には特に経験が豊富で腕の立つ医師に依頼をする方がいいでしょう。

植え付け

植え付けを行う際には採取したドナーが入るような穴(移植ホール)をあけます。

この穴を調整することによって自然な形の髪形に仕上げることができます。

植え付けの仕方によっても、自然に見えるかどうかだけでなく髪の毛が定着する確率が変わってきます。

この作業も経験豊富な医師に依頼するのがいいでしょう。

FUE法の特徴について

メリット

  • メスを使わないので大きな傷跡が残らない
  • 頭皮にゆとりがなくても行うことができる

大きな傷跡を残したくないという場合には、お勧めできる植毛方法です。

デメリット

  • 定着率が悪い
  • 切断率が高い
  • 広範囲の植毛に向いていない

切断率・定着率が悪いのでせっかく移植をしようとしても、無駄になってしまう株が多くなりがちです。

そのため大量に移植をするとなるとそれだけ無駄な株が多くなってしまいます。(切断率・定着率は割合のため)

こういった観点からも広範囲には向いていない方法であると言えます。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ