植毛で増やすことができる髪の毛の密度には限界あり!

植毛を行うことで髪の毛を増やすことはできますが、植毛技術の関係上移植できる髪の毛の密度には限界があります。

どの程度髪の毛の密度をアップできるのかと言いますと、平均的なクリニックで

0→30~40%

で、腕に良い医師であれば50%近くなることもあるそうです。

 

30~40%髪の毛の密度が上がると言われてもピンとこないと思うので、密度の目安を紹介します。

ハゲていない状態を100%とすると

  • 40~50%だと薄毛に気づくレベル
  • 20~25%だとかなり薄いを感じるレベル
  • 0%だと完全にハゲているレベル

30~40%となると、薄毛には気づいてしまうレベルとなり、中にはあまり満足ができない人も多いです。

特に周りに髪の毛が生えていない場合はだと、植毛した髪の毛だけになるのでより満足度は下がりますね。

 

生え際やM字の部分に植毛をするのであれば、周りの毛もあるのでボリュームアップにつながります。

生え際やM字の部分が薄毛に気づくレベル(40~50%)だった場合、植毛をすれば70~90%となるので、周りに薄毛であることは気づかれにくくなるでしょう。

植毛をする回数を増やせば密度は上がるのか?

例えば、1回1000株を移植した後にもう1回1000株を移植することで髪の毛の密度を高めることができるのではと、考える人がいます。

確かに複数回行うことで髪の毛の密度を高めることができます。

ただそれでも禿げていない人の70~80%くらいまでとなっています。

 

また最初の植毛の手術をした時の跡がひどい場合は、定着率が悪くなることがあります。

そのためお医者さんは状態を見たときに、密度をあまり高められないといってくるかもしれませんね。

そうなるとあなたの想像通りの成果が出ないこともあります。

他にも密度を高くすることでそれだけ多くの株を使うことになるので植毛できる範囲が狭くなるというデメリットもあります。

 

自毛植毛の場合、自分の後ろ髪を使うので移植できる量に限りがあります。

一部だけ植毛をすればいいと思っているのであれば、密度を限界まで高めるのはいいかもしれませんが、広範囲に髪の毛を生やしたいと思っている場合は、妥協をするようにしましょう。

植毛で髪の毛の密度を高めるという方法以外にも、育毛で髪の毛を育てることで薄毛の改善をすることができます。

植毛をしても今ある髪の毛の薄毛はどんどん進行していくので育毛はやって損はないです。

>>最新の育毛プログラムはこちら

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ