植毛をする前にまずは薄毛対策を!育毛で改善も可能です。

なぜ植毛する前に薄毛対策を行った方がいいのか?

植毛をすることで、植毛した部分は髪の毛が生えてくるようになります。

なりますが、植毛にはデメリットがあり先に薄毛対策をしてからの方が無駄な費用をかけなくて済みます。

とりあえず、どういったデメリットがあるのかを紹介していきます。

  • 植毛手術の値段は高い
  • 効果が現れるまで半年以上の時間がかかる
  • ショックロスで既存の髪が抜けることもあり

植毛手術の値段は高い

移植をする本数にもよりますが、100万円前後はかかると思った方がいいです。

いきなり100万円もかけるのは勇気がいりますし、100万円をかけても薄毛が完治するわけではありません。

植毛は移植したところだけ髪が生えてくるようになるだけで、移植をしていない髪の毛は薄毛が進行します。

そうなると変なところだけ髪の毛が生えているようになるので、おかしな頭になってしまいます。

そのため植毛をしたとしても、薄毛対策にお金をかける必要があります。

「植毛の費用+薄毛対策の費用」となるので、かなりのお金がかかることを覚悟したほうがいいでしょう。

効果が現れるまで半年以上の時間がかかる

人工毛植毛を行えば、手術後毛が整った状態で変えることができますが、自毛植毛の場合は普通に生えそろうまでに半年~1年程度かかります

人工毛植毛は人工的な毛を植え付けるので炎症を起こす可能性が高く、お勧めできません。

頭皮に余計なダメージが与えられるので、他の髪の毛にも影響が出て薄毛が進行する可能性も高いです。

なので、植毛を行うのであれば自毛植毛なのですが、移植された髪の毛は一度抜けます。

その後、ヘアサイクルに沿って毛が生えてい来るので産毛のような毛が生えてくるのに2~3か月かかり、しっかりと生えそろうには6か月以上かかるのです。

普通の育毛を行っていても効果が現れるのに半年くらいかかると言われていますが、それと同じくらいというわけですね。

ショックロスで既存の髪が抜けることもあり

ショックロスは植毛を行う時に起こりうる大きな問題の一つです。

ショックロスは元から生えている髪の毛が普段以上に抜ける現象のことを指します。

正確な原因はいまだに分かっていませんが、局所麻酔の影響や術後の皮膚の炎症反応が原因であるとも言われています。

ショックロスで髪の毛が抜けたとしても、一時的に抜けるだけでそのあとは再び生えてくるみたいです。

またどの程度髪の毛が抜けるかどうかは、人によって差があるみたいで気になるレベルで髪の毛が抜けないこともあるそうです。

 

植毛には高くて時間がかかり、一時的に見た目が悪くなるというデメリットがあるので、いきなり行うのにはハードルが高いと思います。

上の方にも書きましたが、植毛を行ったにせよ薬や育毛剤による育毛対策を行う必要があります。

 

なので、まずは先に育毛対策をすることをお勧めします。

正しい育毛対策を行えば、最低でも薄毛の進行を止めることができるので、育毛対策を行った後に植毛をしても全く問題ありません。

効果的な育毛対策は?

育毛対策を行うのであれば、とりあえずフィナステリド内服(商品名プロペシア)という医薬品を試しましょう。

プロペシアは日本皮膚学会が公表している「男性型脱毛症診療ガイドライン」の中で推奨度A(行うよう強く勧められる)に分類されているものです。

(参考文献 男性型脱毛症診療ガイドラインP8

プロペシアを3年間飲み続けたところ、98%の人は薄毛の進行しなかったということを認め、78%の人は髪の毛が増加したという試験結果も出ています。

なので、育毛対策を行うのであればまずはプロペシアを試した方がいいでしょう。

>>プロペシアを購入する前に知っておきたいこととは?

 

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ