人工毛植毛のデメリット・問題点と自毛植毛の種類について

Fotolia_47796320_Subscription_Monthly_XXL_R現在はハゲや薄毛の薬も発売されており高い確率で毛をはやすことができるようになりました、それらの方法では毛が生えてくるまで時間がかかります。

また、あくまで高い確率なので中には結果に満足できないこともあるでしょう。

 

そういった場合には、植毛という技術があります。

植毛というと「人工の髪の毛を頭皮に埋める」というイメージを持っている人がいるかもしれませんが、それは昔の話です。

というのも、人工毛植毛手術を行った後、頭皮に炎症が起きたり異物性肉芽腫と呼ばれる硬い瘢痕ができるなどの問題が発生することがあるからです。

そのため人工毛植毛手術はアメリカでは禁止されています。

ただ日本では禁止されていないので、もしも植毛をするのであれば自毛を使うようにしましょう。

植毛方法の種類について

  • 皮弁法(フラップ法)
  • 縮小術(スカルプリダクション)
  • 遊離移植法

皮弁法(フラップ法)

側頭部と後頭部の皮膚を4cm×25cm程度の長方形に切り皮膚と髪の毛を大量に移植させる方法です。

長方形に切るときに、4cmの方の片側だけは繋げたままにして脱毛箇所に移動させます。

どうして繋げたままにしておくのかといいますと、動静脈ごと移植して血液の流れを保っておくためです。

この方法は70年代に開発されてその後も改良を重ねながら使われてきた技術ですが、現在ではほとんど行われていません。

移植をする皮膚の面積が大きいため、血液や酸素の供給不足で壊死する危険性があったことと技術力が必要な方法だったために行う意思が減ったことが原因となっています。

縮小術(スカルプリダクション)

縮小術は脱毛した部分の皮膚を切り取りその周辺の皮膚を引っ張って縫い合わせて、脱毛部分の面積を減らすという方法です。

これは何度か繰り返して徐々に脱毛面積を減らすようになっています。

ただし、引っ張って縫い合わせるのにも限界がありますし、縫合箇所の傷跡が目立ってくるなどの問題点があるため、この方法も最近では使われなくなりました。

遊離移植法

遊離移植法は後頭部や側頭部の毛の残っている皮膚を脱毛した部分に移植する方法となっています。

>>遊離移植法について詳しいことはこちら

まとめ

植毛をすることで他の薄毛対策よりも早い段階で悩みを解消することができるでしょう。

ただし植毛は外科手術になるのでそれなりのリスクが伴います。

それを承知の上で植毛を行うようにしてください。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ