広いおでこを植毛で狭くするするのはアリか?女性はどう?

Fotolia_54700857_Subscription_Monthly_XXL_R元々おでこが広い人から薄毛が進行しておでこが広くなってしまった人などおでこの広さに関する悩みを持っている人は多いです。

「おでこが広い=ハゲ」

みたいな認識をしている人もいるので、男性だとおでこが広いことを馬鹿にしたりネタにしたりされると嫌な思いをしますよね。

自分から笑いに変えられる人であれば問題ないかもしれませんが、そうじゃない人にはつらい悩みだと思います。

 

植毛は後ろの髪の毛を薄くなっている部分に移植する技術なので、薄毛が進行した人だけでなく元々おでこが広い人に対しても有効です。

なので、植毛をすることで広いおでこを狭くすることもできますね。

植毛をしてから2~3か月は移植した部分が赤くなっているので生え際を見せられないと思いますが、半年~1年以上たてば周りの毛と同じような感じになるので、堂々とおでこを見せられるようになるでしょう。

コンプレックスを解消するために植毛をするのはアリですが、植毛にはデメリットもあります。

気になる方はチェックしておいてください。
>>植毛のデメリットとは?

女性が植毛を行う場合の注意点について

女性が行う場合でも狭くすることはできますが、自然な生え際にすることは難しいです。

というのも女性の場合、自然な生え際には産毛みたいなものが生え際付近には生えています。

産毛はふわっとした印象を作るので生え際が見えるときにかわいらしさがあります。

 

植毛をすると生え際に直接しっかりとした太い髪の毛が生えることになるので、不自然な生え際になってしまうのです。

もしも生え際が見えるようなヘアスタイルにする場合は不自然さが目立ってしまうかもしれません。

特に女性はそういった細かいところに気が付きやすいですからね。

ふとした瞬間に生え際を見せたら、友達の何か言われるなんてことは十分あり得るでしょう。

 

生え際が見えないようなヘアスタイルだけしかしないのであれば、コンプレックスである広いおでこを狭くするために植毛をするのはアリだと思います。

女性の場合は薄毛が進行しておでこが広くなることはめったにないので、ほとんどが生まれ持ったおでこの広さだと思います。

そのため植毛以外ではおでこを狭くするのに有効な手段はありません。

育毛剤や発毛剤を使っても、元々生えていないところに新しく生えてくるわけではないですからね。

おでこが広いことがコンプレックスの人もいますが、おでこが広くてもかわいい芸能人というのもいます。

「おでこが広いことはかわいい証拠」と自分に言い聞かせて、変に意識をしないようにするのも一つの方法ですよ。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ