やけどや怪我によるハゲに植毛で毛を生やすことはできる?

Fotolia_47796320_Subscription_Monthly_XXL_R頭に怪我をしたり、やけどをしたりしたことでハゲができてしまうことがあります。

薄毛が進行したわけではなく禿げに悩んでいる人も意外と多いですよね。

怪我ややけどが原因の場合、育毛剤を使って生えてきません。

怪我ややけどだと毛包(髪の毛が生えてくるところ)がなくなってしまっている場合もありますからね。

毛が生えてくるところがなければ、どれだけ髪の毛を生やそうと頑張っても無駄になってしまいます。

 

また、傷跡ができた時に縫い縮めるという方法もありますが、縫い縮めることで傷跡自体は小さくなっても境目が目立ってしまうということも起こり得ます。

その結果余計にハゲが目立ってしまうこともあるのです。

このように自力ではどうしようもないときには、植毛をするしかないでしょう。

 

自毛植毛であれば、禿げていない部分の毛包を禿げているところに移植することができるので、例え怪我ややけどが原因のハゲであっても改善することができます。

できますが、怪我ややけどの跡の状態が悪い場合、移植した髪の毛があまり定着しないこともあります。

というのも、状態の悪い傷跡の場合血液が流れにくいので、髪の毛の成長に必要な栄養が行き渡りにくいのです。

そのため毛が定着しにくくなっていると考えられています。

ただ定着率は腕の良いお医者さんにやってもらうことで、ある程度は高めることができますよ。

やけどや怪我の場合はFUE法という植毛方法がおすすめ

植毛方法にはいくつか種類があるのですが、やけどや傷跡の場合はFUE法という手法がお勧めです。

FUE法は小さい範囲の植毛に向いており、メスを使わないので傷跡がとても小さく目立ちません。

やけどや傷跡の大きさにもよりますが、それほど大きなものでなければFUE法を選ぶといいでしょう。

 

ただし、少し大きめの場合はFUT法となるでしょう。

これだとドナーを採取するために少し大きな傷跡ができてしまいますが、広範囲をカバーすることができるのです。

動画があったのでこちらを見るとよく分かると思います。

※血が苦手な方は注意してください。

最終的な判断はお医者さんにカウンセリングをするときに決めてもらうようにしましょう。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ