植毛と増毛の違いって何?どっちをする方がいいのか?

Fotolia_53100844_Subscription_Monthly_XXL_R植毛は「髪の毛を毛包(毛が生えている所)ごと頭皮に植え付ける」外科手術で医師が担当します。

増毛は「今ある髪の毛に人工の髪の毛を結び付ける」方法です。こちらはそれ専用の訓練を受けた人が行います。

どちらを行っても見た目的には髪の毛が増えますが、方法は全く違います。

 

※植毛には「人工毛植毛」と「自毛植毛」の2種類方法があります。

人工毛の場合は拒絶反応が起こる可能性があり頭皮に異常が発生しやすいですが、自毛の場合は自分の細胞なので拒絶反応が起こりにくく問題が起こることが少ないです。

また、人工毛は1~2年で抜けるのに対して自毛の場合は半永久的に生えてくれるので、植毛をするのであれば自毛植毛をするようにしましょう。

この記事内では植毛を自毛植毛のことを指して説明をしています。

 

植毛と増毛どちらをやった方がいいのか?

外科手術をなるとなんだか怖い印象がするので、手術ではない増毛を選んだ方がいいのでは?と思ってしまいがちです。

しかし、植毛と増毛どちらかというと植毛の方がいいですね。

 

増毛は人工の髪を自分の髪にくっつけるので、今ある髪の毛にとても負担がかかります。

ただでさえ薄毛が進行して細くなっている髪の毛を酷使してしまったら、余計薄毛が進行してしまいます。

定期的に増毛をし直す必要があり維持費もかかるので、一時的に髪の毛を増やしたい場合以外は増毛はやらない方がいいです。

増毛はよく無料体験がありますが、いくら無料でやってもらっても薄毛が進行したらマイナスですからね。

 

それに対して植毛の場合は髪の毛を移植をするので今ある髪の毛に負担がかかることはありません。

それに自毛植毛であればずっと生えているので、メンテナンスをする必要がないので楽ですね。

ただ後頭部などの髪の毛が生えている所を使うので、植毛のもととなる髪の毛の部分は跡が残ってしまいます。

髪の毛が生えているところなので、髪の毛を伸ばせば跡は隠すことができます。

 

植毛にもデメリットがありますが、いたずらに薄毛を進行させる増毛よりもしっかりと毛を生えさせてくれる方法の方が選んで損はしないと思います。

植毛のデメリットもう少し詳しく知りたい場合は、こちらを参考にしてください。

>>植毛を行うデメリットとは

 

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ