遊離植毛手術の問題点とは?メリット・デメリットとは?

Fotolia_32151581_Subscription_Monthly_XXL_R遊離植毛手術にはパンチグラフト法やそれを発展させたマイクログラフト法、毛包単位移植術などがあります。

この中でも毛包単位移植術が現在最も多くつかわれている技術なので、これを例に説明していきます。

人の髪の毛は1~3個の毛包が一群となっています。

それで後頭部から切り取った頭皮の組織を毛包単位に切り分けて移植するのが、毛包単位移植術となっています。

毛包を移植するときには、移植する箇所に事前に穴をあけておいてその穴に毛包を移植するようになっています。

田植えなんかを想像してもらうとそのイメージがつかめると思います。

 

一般的には生え際には1本、頭頂部には3本1組にして移植するようになっているそうです。

それで移植するときに毛包の損傷が少なければ、90%以上の毛包が定着します。

このことを生着とも言ったりしますが、生着をすると髪の毛はいったん休止期に入ります。

休止期に入るので植毛した時の髪の毛はいったん抜けるようになっているというわけです。

 

その後、新しい髪の毛が生えてくるので植毛の効果を実感するのには半年くらい時間がかかります。

植毛した毛の中には、休止期に入らず成長期を保ったまま髪の毛が伸びるものもありますが、それは約10%くらいだと言われています。

基本的には髪の毛はいったん抜けるものと思っていた方がいいでしょう。

植毛した毛は再び薄くならないのか?

せっかく植毛をしても再び抜けたり薄くなったりしたら、意味がないですよね?

なので、その心配をするのは当然だと思いますが、安心してください。

 

男性型脱毛症(AGA)が原因で薄毛、抜け毛になった場合であれば生涯髪の毛は残ります。

というのも、

男性型脱毛症で薄くなるのは前頭部や頭頂部くらいで、後頭部の髪の毛は残りますよね?

それでその特性を持ったまま、前頭部や頭頂部に移植されるので移植した先でも髪は残り続けるのです。

 

遊離植毛手術のメリットとデメリットについて

遊離植毛技術を使うことで、将来的に薄毛の心配をする必要がなくなります。

また、毛包単位移植術であればかなり自然な形に移植ができるので、生え際や頭頂部に違和感を感じることがなくなるでしょう。

 

ただし、これはあくまで植毛をした髪の毛が大丈夫なだけであって、前からある髪の毛が生えてこなくなるということがあり得ます。

すると、不自然な形で髪の毛が残ってしまうので、場合によっては複数回植毛をする必要があるかもしれません。

なのである程度薄毛が進行した場合に使う方がいいでしょう。

もしくは植毛だけではなく、他の薄毛対策も並行して行うことで薄毛の進行を止めてフサフサの状態を保つこともできます。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ