亜鉛の欠乏と過剰摂取が髪の毛に与える影響とは?

亜鉛の役割について

Fotolia_53912205_Subscription_Monthly_XXL_R亜鉛はタンパク質や核酸、インシュリンの合成、新陳代謝の過程に必要なミネラルとなっています、

前立腺の働きを正常化させたり、生殖機能の発達にも必要なもので、生きていく上では欠かせないものです。

それで髪の毛はタンパク質で作られているのですが、そのタンパク質の合成に関わっているため亜鉛を摂取することが髪の毛に良いとも言われていますね。

亜鉛を摂取することの問題点について

確かに亜鉛を摂取することは髪の毛にいいことなのですが、摂取する上での問題点もあります。

それは「必要な量が少ないために欠乏と過剰の範囲が狭い」ということです。

亜鉛が欠乏すると起こる症状とは?

亜鉛が不足すると

  • 舌の表面の味蕾(みらい)の数が減って味が分かりにくくなる
  • 傷の治りが遅くなる
  • 精子の数の減少
  • 円形脱毛症の発症

などが起こりうります。

それで亜鉛が不足しているかどうかを見極めるポイントとしては、爪に白点があるかないかで判断しましょう。

爪に白点があると亜鉛が不足しているでしょう。

亜鉛を過剰摂取するとどうなるのか?

亜鉛を必要以上に摂取すると、亜鉛と拮抗している銅や鉄などが不足してしまいます。

特に銅は欠乏と過剰の範囲が非常に狭いだけでなく、不足していても過剰であっても脱毛を引き起こします。

つまり、亜鉛を必要以上に摂取することで脱毛が起こる可能性があるのです。

育毛・薄毛対策のためには亜鉛はバランスよく摂取しよう

1日に必要な亜鉛の量というのは15mgです。

ただし射精で1~7mg、大量の汗をかくことで1~4mg消費したりするので、生活状況に応じて摂取量を変えることが望ましいです。

それで亜鉛の摂取と大きく関わっている銅はどれくらい摂取するべきなのかと言いますと「亜鉛:銅=8.5:1」です。

例えば、亜鉛を25mg摂取したら、銅を3mg摂取するようにするということです。

 

亜鉛と銅をバランスよく摂取するのであれば、サプリメントに頼るのではなく、食べ物で摂取するようにした方がいいですね。

食べ物の方がバランスがいいですし、他の栄養素も一緒に摂取することができます。

亜鉛と銅を意識するのであれば、

肉類、玄米、ぬか、クルミ、牡蠣、ネギ、ナッツ類、ゴマ、小麦などを食べるといいでしょう。

 

髪の毛を増やすのであれば、亜鉛を摂取するという以外にも育毛剤を使って髪の毛を育てるという方法もあります。

育毛剤を使ってしっかりとケアをすることで髪の毛は徐々に生えてくるので、薄毛が気になっているのであれば、試してください。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ