ビタミン・ミネラル(亜鉛、銅)は髪にとって大事な栄養素

ビタミンについて

ビタミンには色々な種類がありますが、どれかを偏って摂取するのではなく、バランスよくとる必要があります。

どれかが不足していると頭皮や髪の毛に異常が出てくる場合もあります。

ビタミンの中でも、美容にいいと言われているのはビタミンB2(リボフラビン)です。

ビタミンB2が不足すると、髪の毛の新陳代謝が悪くなり、ヘアサイクルが乱れたり脱毛が起こったりするということが動物実験において報告されています。

 

ビタミンB2の他にもビタミンB6(ピリドキシン)も大切です。

ビタミンB6は皮膚の抵抗力を強くしたり、炎症を防いだり、皮脂の分泌を抑えてくれたりします。

ビタミンB6が不足すると、脂漏性皮膚炎や湿疹、かぶれ、フケなどの頭皮の異常が発生しやすくなります。

ビタミンを多く含む食品

  • ビタミンB2を多く含む食品

牛乳、ウナギ、ドジョウ、ズワイガニ、レバー、酵母、チーズ、緑黄色野菜、魚、卵など

  • ビタミンB6を多く含む食品

ビール酵母、ヒマワリの種、小麦胚芽、レバー、米ぬか、豆類、クルミなど

 

ミネラル・亜鉛、銅について

ミネラルは体内で生成することができないので、食事などから摂取する必要があります。

サプリメントを使って摂取するという方法もあるのですが、サプリメントだと過剰摂取になりやすいです。

ミネラルは体にとって必要なものですが、必要な量は非常に少ないです。

なので、適切な量を摂取し続けるのは難しく、欠乏にも過剰にもなりやすい傾向があります。

 

ミネラルは毎日の食事で摂取するのが理想的ですね。

ミネラルの中でも髪の毛にいいと言われているのが、亜鉛ですよね。

亜鉛を摂取するのはいいのですが、亜鉛に拮抗している銅が不足しがちになってしまいます。

なので、亜鉛を摂取するのであれば銅も合わせて摂取するようにしましょう。

>>亜鉛と銅の摂取の仕方について

  • 亜鉛を多く含む食品について

牡蠣、タラバガニ、シジミ、ホタテガイ、焼き海苔、ココア、ネギ、大豆、小麦、小麦胚芽、まいたけ、ごま、カシューナッツ、アーモンド、肉類、玄米、クルミ、ぬかなど

  • 銅を多く含む食品について

牡蠣、ナッツ類、クルミ、牛レバー、そば、エビ、オリーブ油、ハマグリ、ニンジンなど

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ