育毛・薄毛対策のためには制限した方が良い食品・栄養素について

塩分Na(ナトリウム)の過剰摂取に注意

塩分を過剰に摂取すると組織の機能障害を起こしやすくなります。

その結果、抜け毛の量が増えたり、高血圧や動脈硬化の原因になったりします。

アメリカでは塩分を制限したことで抜け毛の量が減ったという報告まであるので、過剰摂取は控えるようにしましょう・

対策としては、以下のような方法が考えられます。

  • 調味料に酢やレモンなどを利用する
  • カリウムの多い海藻や野菜を多く食べる
  • 低塩醤油や減塩みそなどをうまく活用する

 

香辛料・嗜好品

唐辛子やワサビ、コーヒーなどを摂取しすぎると、皮脂の分泌量が多くなったり、フケが多くなったり、髪の毛の成長を邪魔します。

仕事をしているとコーヒーを良く飲む人がいますが、適度の量であれば特に問題はありません。

仕事に集中しやすくなったり、癒される感じがしたりするのでプラスの効果もありますからね。

しかし、飲みすぎると、神経が興奮状態になったり、ビタミンの働きを悪くしたりします。

これらが直接薄毛や抜け毛に関係してくるというよりも、血管や皮膚の働きが悪くなって薄毛や抜け毛が進行するという感じです。

あまり飲み過ぎずにほどほどにしましょう。

 

お酒の飲み過ぎには注意!

お酒を飲むことは血行が良くなったり、ストレス解消をしたりするので当然プラスの面もあります。

しかし、過剰にお酒を飲むことでビタミンB1の消費が高まって、頭皮や髪の毛に栄養が渡らなくなります。

飲み過ぎに注意するだけでなく、枝豆やピーナッツなどのビタミンB1を多く含んでいるつまみを食べるようにすることも大切なことです。

 

たばこは吸わないようにしましょう!

たばこを吸うことで、ニコチンが血管を収縮させたり、一酸化炭素が酸欠状態を引き起こしたりします。

血管が収縮することで、頭皮に血液が渡りにくくなりますし、酸素も渡りにくくなるので、はっきり言って頭皮にとって一つもいいことはないですね。

 

また喫煙と男性ホルモンの関係を調べたハーバード大学の調査によると、喫煙をすることで主要な男性ホルモンのほとんどが増加することが分かったそうです。

男性型脱毛症(AGA)に大きく関係しているジヒドロテストステロン(DHT)の量も増えるので、薄毛を進行させやすくなりますね。

このように大きなデメリットがありますが、タバコをやめたからと言ってそれだけで薄毛が改善するわけではないので注意してください。

 

脂肪の取り過ぎに注意

脂っこいものの取り過ぎは、血液の循環が悪くなって頭皮に栄養が渡るのが邪魔されます。

また、ギトギトの皮脂も分泌されやすくなるので、脂漏性脱毛症を起こす可能性も高くなります。

適度に脂肪分を摂取するのはもちろん問題ありませんが、取り過ぎには気を付けましょう。

 

甘いものを取り過ぎに注意!

糖分を取り過ぎると、皮脂の分泌量が増えてニキビやフケが発生しやすくなったり、太ったりします。

ニキビやフケそのものは薄毛にはつながりませんが、皮脂の量が多くなると脂漏性脱毛症を起こしやすくなります。

また太ると血液が脂肪の方に回されて、頭皮に渡る血液量が減って栄養不足になってしまいます。

なので、甘いものの食べ過ぎには気を付けましょう。

 

まとめ

基本的には体に悪いと言われているようなことをあまりやらない方がいいです。

しかし、好きだったものをいきなりやめるというのは難しいことですし、ストレスも溜まります。

なので、無理のない範囲で減らしていくようにしましょう。

たばこ以外は適量であれば、食べても問題ないものばかりですからね。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ