タンパク質(アミノ酸)は丈夫な髪にする手助けをする栄養素

Fotolia_54328488_Subscription_Monthly_XXL_R強くて丈夫な髪の毛を作るためには栄養は欠かせません。

まずは髪の毛がどんなものから作られているのかということから知っておきましょう。

 

それで髪の毛は「ケラチン」という硫黄を含んだタンパク質から作られています。

それでケラチンはアミノ酸からできているので、アミノ酸をしっかりと摂取することが髪の毛にとってはとても大事ということになります。

質の良いアミノ酸を摂取することができれば、それだけ髪の毛にも良いということになります。

 

それで、タンパク質を構成する20種類のアミノ酸のうち8種類のアミノ酸は体内で作ることができないので、食事などで摂取する必要があります。

その9種類のアミノ酸のことを必須アミノ酸と言います。

※必須アミノ酸の種類…イソロイシン、スレオニン(トレオニン)、トリプトファン、メチオニン(含硫アミノ酸)、フェルニアラニン、バラン、ロイシン、リジン、ヒスチジン

 

必須アミノ酸はどれか1つでも足りなくなると、他の必須アミノ酸の働きまでもが鈍くなります。

なので、食事でしっかりと摂取する必要があります。

食事制限のダイエットをすると不足することがあるので注意してください。

ダイエットをするのであれば、しっかりと栄養を取ったうえで運動をして痩せるのが一番健康的でしょう。

髪の毛に特に良いアミノ酸の種類とは?

髪の毛は18種類のアミノ酸で作られています。

その18種類の中でも髪の毛を丈夫にする役割があるのが「シスチン」です。

薄毛に悩んでいる場合にはシスチンを多く含んでいる食べ物を食べるようにした方がいいでしょう。

 

シスチンを多く含む食品とは

牛・豚・鶏などの肉類、卵、牛乳、ウニ、スジコ、カニ、牡蠣、アワビ、ピーナッツ、大豆、ジャガイモ、納豆、小麦タンパクなど

これらの食品は髪の毛のためだけではなく、体全体にとって大事な栄養素を含んでいますね。

 

中にはアレルギーで食べられないものがあるかもしれませんが、その場合には自分の身体に合ったものを食べるようにすればOKです。

髪の毛のことを意識して食事をするのであれば、アミノ酸以外の栄養素(ビタミンやミネラルなど)もしっかりと意識したほうがいいですよ。

 

また、髪の毛を丈夫にするという目的で育毛剤を使うというのもありです。

育毛剤には髪の毛を生やすよりも、成長を促すという効果の方が大きいので、髪が細くなっているという人にも効果があります。

自分に合った育毛剤で髪の毛をフサフサにしてください。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ