フケが出ない頭の洗い方とは?おすすめフケ対策シャンプー

Fotolia_25142121_Subscription_Monthly_XXL_R

普通にシャンプーを使って髪の毛を洗っていても、フケが出てしまうことってありますよね。

「しっかり洗っているのに、何でフケが出るの?」

と、悩んでいる人も数多くいます。

フケが出る原因はいろいろ考えられ、その原因はフケの種類によって様々です。

>>フケの種類と原因について

 

ただ一貫して言えるのは、「頭皮環境が悪くなるからフケが出てくる」ということです。

なぜ頭皮環境が悪くなるとフケが発生するのかと言いますと、

フケは皮脂や頭皮の角質、汚れなどが混ざってできたものです。

 

フケは一部の人しか出ていないような印象を受けますが、すべての人にフケは発生しているのです。

ただ普通の人の場合のフケは量が少なく細かいので、目に見えないだけなのです。

頭皮環境が悪いと、皮脂を多く分泌したり、角質が剥がれやすかったりとフケのもとになるものが増えるので、フケの量が多くなるのです。

つまり、頭皮環境を整えることで、皮脂の分泌を抑えたり角質が剥がれにくくなるので、フケの量が抑えられるというわけです。

 

それで頭皮環境を整えるには、シャンプーで整えるのが一般的です。

頭皮環境を整えるようなシャンプーのやり方を紹介するので、もしよければ参考にしてください。

フケが出にくくなるシャンプーのやり方

Fotolia_43205579_Subscription_Monthly_XXL_R

 

  1. 事前に櫛を使って髪の毛をとかす
  2. シャンプーでは頭皮を揉むイメージで洗う
  3. すすぎをしっかりする
  4. ドライヤーで乾かす

1.事前に櫛を使って髪の毛をとかす

頭を洗う前に櫛を使って髪の毛をとかすことで、髪の毛についている大まかな汚れやほこりを落とすことができます。

事前に汚れを取っておくことで、シャンプーの泡立ちがよくなるので少量のシャンプーで済むようになります。

「櫛を使って髪の毛をとかすのが面倒くさい」という場合には、シャワーで髪の毛を濡らす際に軽く洗うのでも有効です。

(オイルを使って皮脂を取りやすくする)

この作業はすべての人がやる必要はありません。

脂性フケ(ベトベトとして湿っているフケ)の場合は行った方がいいものですね。

脂性フケの場合は皮脂の過剰分泌が原因なので、その皮脂をしっかりと落としてやる必要があります。

 

オイルは皮脂と混ざりやすいので、これをすると頭皮の毛穴の奥に詰まっている皮脂が浮き出てきやすくなります。

毛穴に詰まっている皮脂はシャンプーだけでは落とせない場合もあるので、事前に取りやすい状態にしてあげることが大事です。

ちなみにオイルを付けた状態だと、シャンプーが少し泡立ちにくくなるので少しシャンプー剤の量は多めにした方がいいですよ。

ちなみに乾性フケ(パラパラして乾燥しているフケ)の場合は行う必要はありません。

 

それでやり方は、

まずホホバオイル、馬油、椿油などのオイルを手に数滴たらして、頭皮に塗りましょう。

頭皮になじませたら、蒸しタオルを頭に巻いて5分ほど放置します。その間は湯船に使っているといいでしょう。

時間がたったら、シャンプーで洗いましょう。

 

2.シャンプーでは頭皮を揉むイメージで洗う

シャンプー剤を2~3プッシュ(量は髪の量によって適切に変えてください)したら、すぐに髪の毛に付けるのではなく、手のひらで広げてから髪の毛に付けましょう。

髪の毛に付けたら優しく洗う感じでたっぷりの泡を作ります。

決してゴシゴシと力を入れて洗ってはいけません。

ゴシゴシと髪の毛を洗うと頭皮を傷つけたり、髪の毛を抜いてしまったりして、良いことは一つもありません。

 

「優しく洗っただけで頭皮をきれいにできるの?」

確かに優しく洗っているだけでは、頭皮をきれいにすることはできないです。

そこで指頭を使って頭皮を揉むようにして洗うのです。

指頭を使ったシャンプーマッサージ

指頭とは、指の腹よりも先端部分です。(パソコンのキーボートを打つ時に触れる部分)

指頭を使うのが一番指に力が入りやすく、頭皮を揉むときに擦るのを防ぐことができます。

指頭で頭皮を押さえながら、「後頭部→側頭部→前頭部→頭頂部」の順で頭皮動かしていきましょう。

 

動かす方向は、上下、左右すべての方向に動かします。

かゆみが出やすいところなどは重点的に揉むといいですね。

頭皮をマッサージしても、なんだか洗った感じがしないかもしれません。

しかし、毛穴の奥の皮脂までしっかり取れているので安心してください。

何日も繰り返せば、その効果がだんだんとわかってくると思います。

3.すすぎをしっかりする

頭皮をマッサージして洗ったら、すすぎをしっかり行いましょう。

泡が残っていると頭皮が荒れる原因になるので、すすぎ残しのないようにしてください。

一通り洗い流したかなと思ってから、もう一度すすぐくらいの意識を持つとしっかりと流せるでしょう。

4.ドライヤーで乾かす

頭皮や髪の毛が濡れた状態のまま放置していると、雑菌が繁殖しやすいです。

なので、お風呂から出たらしっかりと乾かすことが大切です。

 

ただ乾かす時に、ドライヤーの熱は高温なので過剰に乾かしてしまうことがあります。

そうならないように十分に離して乾かしたり、一か所に当て続けるのではなく散らしながら乾かしたりしてください。

また、8割ほど乾いたら最後は冷風を使って乾かすと過剰な乾燥を防ぐことができます。

冷風をあてるときに頭皮も乾かすようにすることで雑菌の繁殖を防ぎやすくなります。

 

フケの改善に効果的なシャンプーの選び方とは?

Fotolia_47796320_Subscription_Monthly_XXL_R

最近は本当にいろいろな種類のシャンプーが売られており、はっきり言ってその中からどれを選べばいいのかわからないですよね。

たくさんあるシャンプーの中にフケ用のシャンプーも売られていたりしますが、使わない方がいいでしょう。

 

フケ用のシャンプーは殺菌作用があるので、フケの原因が真菌(カビ菌)の場合であれば、一時的に菌がいなくなるので改善されます。

しかし、頭皮環境がよくなるわけではないので、再発しやすいのです。

また、菌が関係していなければあまり効果がないどころか頭皮が荒れる原因にもなります。

なのでフケ用のシャンプーをいきなり使うのはやめた方がいいですね。

 

フケを改善したいのであれば、頭皮環境を改善するのを目的としているシャンプーを選ぶのがいいですね。

とはいっても、「頭皮環境を改善する」といっている商品もたくさんあるので、選ぶときのポイントを紹介します。

  1. 無添加であること
  2. アミノ酸系シャンプーであること
  3. 馬油が配合されていること

この3点が非常に重要です。

1.無添加であること

シャンプーを選ぶときに一番最初に重要視するのが、頭皮にシャンプーが合うか合わないかです。

シャンプーが合わないと、どんなに丁寧に頭の洗っても、頭皮が荒れてしまいます。

そういったことを防ぐためにも問題の少ない無添加のシャンプーを使うようにしましょう。

2.アミノ酸系シャンプーであること

アミノ酸系シャンプーというのは、程よい洗浄力が特徴で、頭皮をベストな状態にしてくれるという特徴があります。

一般的なシャンプーだと、洗浄力が高く皮脂を取り過ぎてしまうことがあります。

皮脂には頭皮を守る役割があるので、皮脂がほとんどなくなってしまうと頭皮が荒れる原因となります。

そういったことを防ぐためにも、必要な分の皮脂は残るようなアミノ酸系シャンプーを使うようにしましょう。

3.馬油が配合されていること

馬油が配合されていると、頭皮が保湿されます。

保湿されることによって健全な頭皮環境になりやすいので、フケが発生しにくくなります。

 

無添加で馬油配合のアミノ酸系シャンプーが最高

以上をまとめると、「無添加で馬油配合のアミノ酸系シャンプーが最高」というわけです。

この記事を読んでいるあなたには本当にいいものを使ってほしいので、かなり条件を厳しくしました。

はっきり言って「そんなシャンプー存在するの?」というレベルです。

 

正直あるかどうか分かりませんでしたが、あればラッキーくらいの気持ちでいろいろ探してみました。

ドラッグストアをいくつもまわり、ネットでも何十時間と調べたところ、ついに見つけることができました。

それがこちらのシャンプーです

>>無添加で馬油配合のアミノ酸系シャンプーの詳細はこちら

 

このシャンプーはウーマシャンプーという商品で、ネットでの口コミが中心となって売れているみたいです。

商品ページをパッと見た感じでは、男性向けの抜け毛予防シャンプーという印象を受けるかもしれません。

しかし、上で紹介した3つのポイントをしっかり押さえているシャンプーなので、男女関係なくフケ改善に向いているシャンプーとなっています。

 

実際に口コミを丁寧に見ていくと、「フケがいつの間にかなくなっていた」「脂漏性皮膚炎(湿疹)が改善の兆しを見せた」「頭皮のベタツキがなくなった」というようなレビューをしているのがあるので確認してみてください。

※脂漏性皮膚炎(湿疹)にかかるとフケが発生します。

30日間全額返金保証もついているので、試しに使ってみてください。

>>試しにウーマシャンプーを使ってみる

 

リンス・トリートメントを使うとフケが出やすくなる?

頭の洗い方の部分にはリンスやトリートメントを入れていませんが、リンスやトリートメントは必要があれば使っても大丈夫です。

 

ただし使う時には注意点が2つあります。

  • 頭皮には付けず、髪の毛だけに付けるようにする
  • すすぎは十分に行う

「リンスやトリートメントを使わない方がいい」というのを聞いたことがあるかもしれませんが、それは以上の注意点がなかなか守れないからです。

頭皮にリンスやトリートメントが残るとフケの原因になるので、しっかりとすすぎを行って頭皮に残らないようにしましょう。

おそらくリンスやトリートメントは想像以上に残りやすいので、1分以上すすぎを行ってください。

※髪の毛の量・リンスの量によってすすぎの時間は長くしてください。

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ