フケ原因まとめ(日焼け・洗いすぎ・ストレス・枕など)

Fotolia_42863806_Subscription_Monthly_XL_R

フケが発生する直接的な原因としては、頭皮環境の悪化に伴う異常事態ですが、間接的な原因はたくさんあります。

フケの直接的な原因についてはこちらに詳しくまとめてあります。

>>フケの種類別の主な原因について

この記事では、具体的な原因とその対処方法について簡単にまとめてあります。

【目次】

  • 頭皮が日焼けした後に落ちてくるのはフケ?
  • 頭の洗いすぎが原因でフケが発生することも
  • 運動不足が原因でフケが発生することも
  • どんな栄養が不足するとフケが発生しやすくなるの?
  • 枕が汚れているとフケが発生する?
  • 慢性的なストレスによってフケが発生することも

頭皮が日焼けした後に落ちてくるのはフケ?

肌が日焼けをしたときには、皮がむけますよね。

これと同じことが頭皮でも起こり、皮がむけて落ちてきます。

なので皮が落ちてくるともいえるのですが、フケというのは頭皮の汚れや皮脂、皮膚(角質)が一緒になったものなので、皮がメインだとしてもフケということになりますね。

また、日焼けしなくても頭皮に日光が当たると紫外線によるダメージが蓄積します。

紫外線で頭皮がダメージを受けると、頭皮が荒れてフケが発生するということもあるので注意してください。

 

日焼けによるフケを防ぎたいのであれば、紫外線対策を行うのが一番いいです。

一度日焼けしてしまうとフケの発生を抑えることは難しいので、日焼け自体をしない方がいいですね。

対策としては、頭皮に日焼け止めクリームを塗ったり、帽子を被ったりするなどして紫外線から頭皮を守りましょう。

特に髪の毛が短い人やつむじ・分け目の部分は太陽光が当たりやすいので、注意しましょう。

頭皮が日焼けした時の対処方法について

紫外線対策をしても、日焼けをしてしまうということはありますよね。

その場合の対処方法は肌を日焼けした時と同じことをやれば大丈夫です。

  • 日焼けした部分を冷やす
  • 化粧水をたっぷりつけて保湿する

この2点が大事ですね。

また、日焼けした時にやってはいけないこととして

  • リンス・トリートメントは控える
  • シャンプーは優しく行う(お湯だけもOK)
  • 育毛剤などはつけないようにする

などがあげられます。

「日焼け=やけど」なので、あまり刺激の強いことや余計なものをつけてはしていけません。

日焼けをしてから2~3日くらいは、我慢しましょう。

 

頭の洗いすぎが原因でフケが発生することも

頭を洗いすぎると頭皮の皮脂が必要以上に持ってかれてしまいます。

脂というとあまり印象はよくありませんが、皮脂には頭皮を守る役割があるのです。

そのため皮脂が全くなく乾燥してしまうと、以下のような症状が発生します。

  • 頭皮がボロボロになり、角質(皮)が剥がれてフケが発生する
  • 頭皮の乾燥を防ごうとして、皮脂の過剰分泌が起こりフケが発生する

このようにして、フケが発生してしまうのです。

 

そもそも頭皮は顔などに比べると皮脂が多めに分泌されやすい場所なので、シャンプーの洗浄力が高めになっています。

高い洗浄力なのに頭をゴシゴシ洗ったり、1日に2回以上洗ったりするのは明らかに洗いすぎです。

皮脂を取り過ぎて頭皮環境を悪化させないようにしましょう。

>>フケが出ないような髪の毛の洗い方について

 

運動不足が原因でフケが発生することも

運動不足になると体の血行が悪くなりますが、頭皮の血行も悪くなりやすいです。

血行が悪くなると、頭皮に栄養が渡りにくくなるので、その結果荒れやすくなりフケが発生してしまうのです。

特に頭皮というのは、体のてっぺんにあり血液を送るのが大変なところにあります。

また、頭皮には筋肉がないので硬くなりやすい部分でもあるのです。

こういった理由から頭皮は血行不良になりやすいです。

 

フケを抑えるような運動方法について

運動不足を解消するのに最も効果的なのは有酸素運動です。

ですが、「なかなか定期的に運動ができない」ということも多いでしょう。

定期的に運動ができないけれど、フケを抑えたいのであれば、少なくとも肩や首などを回したりしてコリをほぐすようにしましょう

肩や首は頭皮に血液を送る経路となっているので、ここの血行が良くなるだけでも頭皮に血液が行きやすくなりますよ。

 

どんな栄養が不足するとフケが発生しやすくなるの?

栄養が足らないと肌がボロボロになったりしますよね。

これは頭皮も普通の肌と同じで栄養が不足するとボロボロになりやすいです。

肌がボロボロになると、頭皮環境が荒れやすいのでフケが発生しやすくなります。

フケの発生に大きく関係している栄養素はビタミンA、ビタミンB群(特にビタミンB2,B6)などがあります。

ビタミンAやB群には皮膚を健全にするような働きがあるので、これらが不足すると頭皮が荒れやすくなるのです。

なので、ビタミンA,B群を積極的にとるようにしましょう。

ビタミンAが多く含まれる食べ物 にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、レバー(豚・牛・鶏)、なぎ蒲焼、あんこうの肝、など
ビタミンB2が多く含まれる食べ物 緑黄色野菜、ミルク、チーズ、レバー、卵、ウナギなど
ビタミンB6が多く含まれる食べ物 レバー、卵、ピーナッツ、大豆、クルミなど

 

枕が汚れているとフケが発生する?

枕が汚れているからと言って、必ずフケが発生するわけではありません。

もちろん頭皮を意識するのであれば、清潔な枕の方がいいに決まっていますが、汚れているからフケが発生するということはないです。

 

ただし、すでにフケが発生している場合だと話が違ってきます。

というのも、真菌(カビ菌)がフケの原因の場合、枕にもその菌が繁殖してしまうことがあります。

すると、シャンプーなどできれいにしても枕を使うことで再び菌が頭皮で繁殖してしまうということがあります。

なので、すでにフケが発生している場合は、枕カバーを選択したり、枕を干したりして殺菌を行うようにしてください。

 

慢性的なストレスによってフケが発生することも

ストレスというのは何事にも良くない影響を与える厄介な存在です。

ストレスを受けると、体が緊張するので無駄に力が入ることになります。

すると、力が入った部分が凝るので血行不良になりやすくなります。

肩や首が凝ると頭皮への血液供給が鈍くなるので、頭皮が栄養不足を起こし荒れます。

その結果として、フケが発生してしまうのです。

 

慢性的にストレスを抱えると、長い間栄養不足になるわけですから当然フケも出てきやすくなりますね

肩や首回りの運動をして、コリをほぐすようにしましょう。

>>フケが出ないような髪の毛の洗い方について

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ