スカルプケアをするならドライヤーを使う?自然乾燥?

Fotolia_54700857_Subscription_Monthly_XXL_Rスカルプケアというのは頭皮のケアなのですが、多くの場合ではシャンプーばかりに目が向けられています。

もちろんシャンプーはスカルプケアの中で最も重要なのですが、乾燥までしっかりやってこそスカルプケアです。

乾燥をさせるときに「ドライヤーを使った方いい派」と「自然乾燥がいい派」がいます。

ドライヤーと自然乾燥のどちらがいいのかというと、ドライヤーを使った方がいいのです。

 

自然乾燥だとどうしても乾くまでに時間がかかってしまうので、その間に雑菌が繁殖してしまう場合があります。

雑菌が繁殖すると頭皮に炎症を引き起こすことになるので、ドライヤーを使って早めに乾燥させるのがいいというわけです。

 

ただドライヤーを使う時に、過剰に乾かしてしまうと、頭皮が乾燥してしまいます。

シャンプーを使ったスカルプケアでせっかく潤いのある頭皮にしても、ドライヤーで乾燥させすぎてしまっては無駄になってしまいます。

なので、ドライヤーを使う時には以下のポイントを守りましょう。

ドライヤーを使う時のポイントとは?

ドライヤーを使って髪の毛だけでなく「頭皮」も乾かす必要があります。

乾かすときには乾燥させすぎてもダメなので、適度な温度で乾かすのがいいでしょう。

  • 専用のドライヤーで乾かす
  • 普通のドライヤーで乾かす

専用のドライヤーで乾かす

スカルプモードが付いているドライヤーを使えば60℃前後の温風で乾かすことができるので、過剰に乾燥させることなく頭皮を乾かすことができます。

60℃程度であれば頭皮に直接当ててもそこまで熱いという感じはしないので、しっかりと乾かすことができます。

お金に余裕があるのであれば、新しくドライヤーを買い換えましょう。

普通のドライヤーで乾かす

専用のドライヤーを使うのが一番いいですが、お金がないという場合には普通のドライヤーで乾かしましょう。

ドライヤーを使って7~8割程度髪の毛を乾かしたら、冷風を使って頭皮を乾燥させましょう。

冷風であれば髪の毛を乾かし過ぎず余分な水分だけを乾かすことができます。

ただ7~8割髪の毛を乾かすのが難しいですし、冷風を使うと時間がかかるということがあるので、何回か試して感覚をつかむようにしてください。

>>スカルプケアに最高のシャンプーはこれだ!

その薄毛、諦める前にもう一度チャレンジしませんか?

育毛のために色々とやっても何の変化も出ないと
「もうハゲててもいいや」と諦めたくなる気持ちはよく分かります。

その諦めを思いとどまり、もう少し頑張ってみませんか?

管理人おすすめの購入者の97%が効果を実感した育毛剤を試してみて欲しいのです。

全額返金保障もついているので、試してみるにはうってつけの育毛剤です。

これで全く実感できなかったらその時に諦めましょう。

>>とりあえず購入者の97%が効果を実感した育毛剤の詳細を見てみる

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ